ローマ発 〓 ダニエル・ハーディングがサンタ・チェチーリア国立アカデミー管の音楽監督に、パッパーノの後任

2023/03/07

ローマを本拠地とするサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団(L’Orchestra dell’Accademia Nazionale di Santa Cecilia)が、次期音楽監督に英国の指揮者ダニエル・ハーディング(Daniel Harding)を迎えると発表した。2005年からその任にあり、2023年で退任するアントニオ・パッパーノの後任。

ハーディングの任期は2024年から5年間。ハーディングは2007年からスウェーデン放送交響楽団の音楽監督・芸術監督を務めており、任期満了の2025年で退任するという。

ハーディングはオックスフォード生まれの47歳。音楽高校在学中からサイモン・ラトルのアシスタントを務め、ケンブリッジ大学在学中の1994年にバーミンガム市交響楽団を指揮してプロ・デビュー。その後、クラウディオ・アバドに認められ、1996年にはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団にデビュー、また、BBCプロムスにも最年少指揮者として出演した。

これまでブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団(1999-2003)、マーラー室内管弦楽団(2004-)の音楽監督などを歴任。2016年から2019年にかけてパリ管弦楽団の音楽監督も務めたが、「パイロットになるため」と退任、それから旅客機のパイロット試験に挑戦し、実際に2020年からフランスのエールフランスのパイロットとしても活動している。

サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団はシーズンの開幕をオペラのコンサートで飾るという伝統を持っており、プッチーニの没後100年の2024年にハーディングは《トスカ》を指揮するという。老舗レーベル「ドイツ・グラモフォン」は新しいコンビの録音に乗り出すことを明らかにしており、その録音が第1弾となる。

写真:BBC / Chris Christodoulou


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. テルアビブ発 〓 イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団が演奏会を再開

  2. ロサンゼルス発 〓 夏の風物詩「ハリウッドボウル」も開催中止

  3. ハンブルク発 〓 フィンランドの俊英タルモ・ペルトコスキが老舗レーベル「ドイツ・グラモフォン」と契約

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第1週のストリーミング配信のラインナップを発表

  5. キール発 〓 キール歌劇場の音楽総監督にベンジャミン・ライナース

  6. アテネ発 〓 ギリシャ国立オペラが新制作の《ドン・ジョヴァンニ》をストリーミング配信

  7. デトロイト発 〓 デトロイト響が音楽監督のヤデル・ビニャミーニとの契約を延長

  8. ベルリン発 〓 クリストフ・エッシェンバッハがベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団との契約を延長

  9. 訃報 〓 グラハム・クラーク(81)英国のテノール歌手

  10. パリ発 〓 エマニュエル・クリヴィヌが音楽監督を辞任

  11. ヴェローナ発 〓 ヴェローナ音楽祭が総裁を務めるチェチーリア・ガスディアとの契約を延長

  12. マチェラータ発 〓 スフェリステリオ・オペラ・フェスティバルが2020年のプログラムを発表

  13. バイロイト発 〓 「バイロイト・バロック」が復活!

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場で陽性反応、《フィガロの結婚》と《カルメン》上演延期を発表

  15. ブカレスト発 〓 国立歌劇場のスタッフが新型コロナウイルスに感染、当面の公演をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。