バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

2020/08/19

英国のバーミンガム市交響楽団(City of Birmingham Symphony Orchestra)が、出産が迫る首席指揮者・音楽監督のミルガ・グラジニーテ=ティーラ(Mirga Gražinytė-Tyla)に代わり、オーケストラの100周年コンサートをサイモン・ラトル(Simon Rattle)が指揮すると発表した。

指揮するのは、9月5日に行われる100周年コンサート。会場はバーミンガムのロングブリッジ工場の倉庫。工場はかつて世界最大の自動車工場として知られオースチン・ミニなどの生産拠点だった。現在はMGローバーの経営権を獲得した中国の自動車会社「南京汽車」の工場として使われている。

プログラムは、シューマンの歌劇《ゲノヴェーヴァ》の序曲、エルガーの弦楽セレナード、サン=サーンスのチェロ協奏曲第1番、ハンナー・ケンドール《スパーク・キャッチャーズ》、アラー・ラッカー・ラフマーンの《スラムドッグ・ミリオネア》、ストラビンスキーの組曲《火の鳥》。チェロはシェク・ケネー=メイソン。

グラジニーテ=ティーラは3月に新型コロナウイルスに感染したが、第2子を8月に出産の予定。ラトルは1980年から1998年に首席指揮者・音楽監督を務め、オーケストラの国際的な評価を高めたことで知られる。

写真:City of Birmingham Symphony Orchestra


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 ハリー・クプファー, ドイツの演出家

  2. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  3. クリーブランド発 〓 クリーブランド管がセクハラ認定、コンサートマスターと首席トロンボーンを解任

  4. ミュンヘン発 〓 青木尚佳がミュンヘン・フィルのコンサートマスターに

  5. サンクト・ペテルブルク発 〓 セーゲルスタムがサンクトペテルブルク響の首席客演指揮者に

  6. ニューヨーク発 〓 リンカーンセンターが2021年春のシーズンをキャンセル

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場がアーカイブを毎日ストリーミング配信、公演休止中の4月2日までは無料で

  8. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが“ドライブイン・オペラ”

  9. 訃報 〓 エリン・ウォール, カナダのソプラノ歌手

  10. パリ発 〓 フランスの夏の音楽祭も相次いで中止を発表

  11. ブエノスアイレス発 〓 南米も公演キャンセル広がる、新型コロナウイルスの感染拡大で

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、ハーディングの代役にコンロン

  13. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ミュンヘン発 〓 BR-KLASSIKが話題のドキュメンタリーを再掲載、ネトレプコ、ビリャソンの《椿姫》の舞台裏

  15. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが無料の“出前コンサート”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。