バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

2020/08/19

英国のバーミンガム市交響楽団(City of Birmingham Symphony Orchestra)が、出産が迫る首席指揮者・音楽監督のミルガ・グラジニーテ=ティーラ(Mirga Gražinytė-Tyla)に代わり、オーケストラの100周年コンサートをサイモン・ラトル(Simon Rattle)が指揮すると発表した。

指揮するのは、9月5日に行われる100周年コンサート。会場はバーミンガムのロングブリッジ工場の倉庫。工場はかつて世界最大の自動車工場として知られオースチン・ミニなどの生産拠点だった。現在はMGローバーの経営権を獲得した中国の自動車会社「南京汽車」の工場として使われている。

プログラムは、シューマンの歌劇《ゲノヴェーヴァ》の序曲、エルガーの弦楽セレナード、サン=サーンスのチェロ協奏曲第1番、ハンナー・ケンドール《スパーク・キャッチャーズ》、アラー・ラッカー・ラフマーンの《スラムドッグ・ミリオネア》、ストラビンスキーの組曲《火の鳥》。チェロはシェク・ケネー=メイソン。

グラジニーテ=ティーラは3月に新型コロナウイルスに感染したが、第2子を8月に出産の予定。ラトルは1980年から1998年に首席指揮者・音楽監督を務め、オーケストラの国際的な評価を高めたことで知られる。

写真:City of Birmingham Symphony Orchestra


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが総裁二人に名誉会員の称号

  2. マプト発 〓 女性オーボエ奏者がモザンビークの文化観光大臣に

  3. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  4. パリ発 〓 フランスでも新型コロナウイルス禍広がる、文化大臣も感染

  5. ボストン発 〓 ボストン響が東アジア・ツアーを中止

  6. フィレンツェ発 〓 レヴァインが指揮活動に復帰

  7. ロンドン発 〓 ロンドン響が新シーズン開幕直後に中国、ベトナムへ

  8. ロサンゼルス発 〓 夏の風物詩「ハリウッドボウル」も開催中止

  9. 訃報 〓 ディナ・ウゴルスカヤ, ドイツのピアニスト

  10. ロサンゼルス発 〓 ヒドゥル・グドナドッティルがゴールデングローブ賞の作曲賞を受賞

  11. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が“週末ストリーミング”を開始

  12. パリ発 〓 ゼネスト、パリ国立オペラを直撃

  13. ウィーン発 〓 ウィーン響の第一コンサート・マスターにダリボル・カルヴァイ

  14. ロンドン発 〓 「BBCミュージック・マガジン」年次賞のノミネート・アルバム決まる

  15. ワシントン発 〓 ケネディー・センターが人気ミュージカル「ハミルトン」の上演を断念

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。