バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

2020/08/19

英国のバーミンガム市交響楽団(City of Birmingham Symphony Orchestra)が、出産が迫る首席指揮者・音楽監督のミルガ・グラジニーテ=ティーラ(Mirga Gražinytė-Tyla)に代わり、オーケストラの100周年コンサートをサイモン・ラトル(Simon Rattle)が指揮すると発表した。

指揮するのは、9月5日に行われる100周年コンサート。会場はバーミンガムのロングブリッジ工場の倉庫。工場はかつて世界最大の自動車工場として知られオースチン・ミニなどの生産拠点だった。現在はMGローバーの経営権を獲得した中国の自動車会社「南京汽車」の工場として使われている。

プログラムは、シューマンの歌劇《ゲノヴェーヴァ》の序曲、エルガーの弦楽セレナード、サン=サーンスのチェロ協奏曲第1番、ハンナー・ケンドール《スパーク・キャッチャーズ》、アラー・ラッカー・ラフマーンの《スラムドッグ・ミリオネア》、ストラビンスキーの組曲《火の鳥》。チェロはシェク・ケネー=メイソン。

グラジニーテ=ティーラは3月に新型コロナウイルスに感染したが、第2子を8月に出産の予定。ラトルは1980年から1998年に首席指揮者・音楽監督を務め、オーケストラの国際的な評価を高めたことで知られる。

写真:City of Birmingham Symphony Orchestra


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラの次期音楽監督にキム・ウンソン

  2. 訃報 〓 カジミエシュ・コルト, ポーランドの指揮者

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《薔薇の騎士》をライブ・ストリーミング

  4. ルツェルン発 〓 夏の音楽祭の中止決まる

  5. ロンドン発 〓 ユロフスキ指揮の《ニーベルングの指環》通し上演を断念、ロンドン・フィル

  6. シンシナティ発 〓 吉田文がツェムリンスキー賞を受賞

  7. 大阪発 〓 久石譲が日本センチュリー交響楽団の首席客演指揮者に

  8. 訃報 〓 ロザンナ・カンテリ, イタリアのソプラノ歌手

  9. 東京発 〓 東京交響楽団が先陣切って公演再開へ

  10. 訃報 〓 ヤープ・シュレーダー, オランダのヴァイオリン奏者

  11. 訃報 〓 エンニオ・モリコーネ, イタリアの作曲家

  12. ブリスベン発 〓 クイーンズランド交響楽団の次期首席指揮者にヨハネス・フリッチュ

  13. ローマ発 〓 イタリア、再びロックダウンへ

  14. デュッセルドルフ発 〓 アルペシュ・チャウハンがデュッセルドルフ交響楽団の首席客演指揮者に

  15. バート・イシュル発 〓 レハール音楽祭は作曲者の生誕150年祝えず

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。