ベネチア発 〓 フェニーチェ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

2021/07/08

ベネチアのフェニーチェ劇場(Teatro La Fenice)が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表した。オペラのラインナップは以下の通りで、バッティステッリやカルダーラの珍しい作品を含む重厚なラインナップで、指揮者もバラエティー豊か。

9月10日 – 22日
プッチーニ《蝶々夫人》
[指揮]セスト・クアトリーニ
[演出]アレックス・リゴラ

9月11日 – 23日
ヴェルディ《イル・トロヴァトーレ》
[指揮]フランチェスコ・イヴァン・チャンパ
[演出]ロレンツォ・マリアーニ

10月7日 – 15日
モーツァルト《アポロとヒュアキントゥス》 = 新制作
[指揮]ジャンカルロ・アンドレッタ
[演出]チェチーリア・リゴーリオ
 ※ フィレンツェ美術学校とのコラボレーション

10月14日 – 22日
ドニゼッティ《連隊の娘》
[指揮]ステファーノ・ランザーニ
[演出]バルブ&ドゥセー

11月20日 – 30日
ベートーヴェン《フィデリオ》
[指揮]チョン・ミョンフン
[演出]ジョアン・アントン・レチ

2022年2月22 – 3月4日
バッティステッリ《ルバルフ》 = 新制作
[指揮]エンリコ・カレッソ
[演出]ダミアーノ・ミケレット

4月1日 – 9日
ヴェルディ《十字軍のロンバルディア人》 = 新制作
[指揮]セバスティアーノ・ロッリ
[演出]ヴァレンティノ・ヴィラ

4月22日 – 30日
グノー《ファウスト》 = 新制作
[指揮]フレデリック・シャスラン
[演出]ジョアン・アントン・レチ

4月29日 – 5月8日
ヴィヴァルディ《グリセルダ》 = 新制作
[指揮]ディエゴ・ファソリス
[演出]ジャンルーカ・ファラスキ

5月26日 – 28日
カルダーラ《スペインのシピオ》
[指揮]フランチェスコ・エルレ
[演出]フランチェスコ・ベッロット

6月24日 – 7月5日
ブリテン《ピーター・グライムズ》 = 新制作
[指揮]ユライ・ヴァルチュハ
[演出]ポール・カラン

写真:Teatro La Fenice


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ネトレプコが右肩の緊急手術で国立歌劇場への出演をキャンセル。一方で「ポーラー音楽賞」授賞、初めての著作刊行、5年ぶりのソロ・アルバムが登場

  2. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がゲルブ総裁との契約を延長

  3. ウィーン発 〓 フォルクスオーパーの総監督に演出家のロッテ・デ・ベア

  4. 東京発 〓 新日本フィルが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ケルン発 〓 ケント・ナガノがコンチェルト・ケルンと《リング》四部作上演に挑戦

  7. ミュンヘン発 〓 作曲家ワーグナーの曾孫、エヴァ・ワグナー・パスキエが退院

  8. カルロヴィ・ヴァリ発 〓 市議会が地元オーケストラの楽団長を突如解任、それを受けて首席指揮者が抗議の辞任、楽団員は解任撤回の署名集めをスタート

  9. ニューヨーク発 〓 テノール歌手のステファン・グールドが胆管がんとの闘病を告白

  10. ニュルンベルク発 〓 ニュルンベルク響の次期首席指揮者にジョナサン・ダーリントン

  11. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇場がモーツァルト《皇帝ティートの慈悲》の新作をライブ・ストリーミング

  12. フィレンツェ発 〓 ジェームズ・レヴァインの現場復帰がお預けに

  13. バルセロナ発 〓 バルセロナ下院がターミナル駅「サンツ駅」を「モンセラート・カバリエ駅」に改称する議案を可決

  14. パルマ発 〓 第1回「トスカニーニ・フェスティバル」が開幕

  15. ストックホルム発 〓 2018年の「ビルギット・ニルソン賞」はシュテンメに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。