ベルリン発 〓 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

2021/06/17

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker)が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表した。

首席指揮者・芸術監督のキリル・ペトレンコはバイエルン国立歌劇場の音楽総監督兼任を終え、新シーズンからベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に専任する。新シーズンのテーマの一つはストラヴィンスキーで、《春の祭典》など彼の作品が集中的に取り上げる。

ペトレンコがコンサート形式ながら、チャイコフスキーのオペラ3作品を指揮するのも話題の一つで、11月にバーデン=バーデン音楽祭に客演して《マゼッパ》、2022年1月に《イオランタ》、4月に再びバーデン=バーデン音楽祭に客演して《スペードの女王》を手掛ける。

新シーズンにオーケストラ・デビューする指揮者は、グスターボ・ヒメノ、アントネッロ・マナコルダ、ヨーン・ストルゴーズ、そして、ジョン・ウィリアムズ。

ウィリアムズは昨年、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に指揮者デビューして話題を集めたばかり。89歳でベルリン・フィルハーモニー管弦楽団デビューを飾ることになり、10月14日、15日、16日に登場。今回も《スター・ウオーズ》や《ハリー・ポッター》といった自作の映画音楽作品を指揮する。

客演指揮者陣はヘルベルト・ブロムシュテット、サイモン・ラトル、グスターボ・ドゥダメル、アンドリス・ネルソンス、ズービン・メータ、ダニエル・バレンボイムといつもと変わらないが、毎年のように客演していたクリスティアン・ティーレマンの名前が消えた。

写真:Berliner Philharmoniker


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 東京発 〓 新日本フィルが2020/2021シーズンのラインナップを発表

  2. ベルン発 〓 スイスは1,000人以上のイベントを禁止、新型コロナウイルスの感染拡大で

  3. 訃報 〓 クラウディオ・カヴィーナ, イタリアの指揮者・カウンターテナー

  4. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で、岡本誠司が優勝

  5. スウォンジー発 〓 ブリン・ターフェルが再婚

  6. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウ管が26日から活動再開

  7. ロンドン発 〓 イギリスの音楽家のビザなし渡航でEU加盟19カ国と合意と発表

  8. ザルツブルク発 〓 1592年にオープンの老舗楽譜店が閉店

  9. シカゴ発 〓 音楽監督の報酬、全米一位はシカゴ交響楽団のムーティ

  10. ロンドン発 〓 ロンドン響が新シーズン開幕直後に中国、ベトナムへ

  11. ボストン発 〓 ネルソンズがボストン響、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管との契約を延長

  12. リガ発 〓 マルタン・エングストロームがラトビアに新しい音楽祭を創設

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、2021年は中止

  14. デュッセルドルフ発 〓 作曲家メンデルスゾーンの銅像の修復工事終了

  15. ミルウォーキー発 〓 ミルウォーキー響が2020/2021シーズンをキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。