ベルリン発 〓 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

2021/06/17

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker)が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表した。

首席指揮者・芸術監督のキリル・ペトレンコはバイエルン国立歌劇場の音楽総監督兼任を終え、新シーズンからベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に専任する。新シーズンのテーマの一つはストラヴィンスキーで、《春の祭典》など彼の作品が集中的に取り上げる。

ペトレンコがコンサート形式ながら、チャイコフスキーのオペラ3作品を指揮するのも話題の一つで、11月にバーデン=バーデン音楽祭に客演して《マゼッパ》、2022年1月に《イオランタ》、4月に再びバーデン=バーデン音楽祭に客演して《スペードの女王》を手掛ける。

新シーズンにオーケストラ・デビューする指揮者は、グスターボ・ヒメノ、アントネッロ・マナコルダ、ヨーン・ストルゴーズ、そして、ジョン・ウィリアムズ。

ウィリアムズは昨年、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に指揮者デビューして話題を集めたばかり。89歳でベルリン・フィルハーモニー管弦楽団デビューを飾ることになり、10月14日、15日、16日に登場。今回も《スター・ウオーズ》や《ハリー・ポッター》といった自作の映画音楽作品を指揮する。

客演指揮者陣はヘルベルト・ブロムシュテット、サイモン・ラトル、グスターボ・ドゥダメル、アンドリス・ネルソンス、ズービン・メータ、ダニエル・バレンボイムといつもと変わらないが、毎年のように客演していたクリスティアン・ティーレマンの名前が消えた。

写真:Berliner Philharmoniker


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが創立450年

  2. ロンドン発 〓 ヴァイオリンのニコラ・ベネデッティが新しい古楽オーケストラを旗揚げ

  3. ボゴタ発 〓 ボゴタ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督にスウェーデンのヨアキム・グスタフソン

  4. デュッセルドルフ発 〓 作曲家メンデルスゾーンの銅像の修復工事終了

  5. ローマ発 〓 Rai5、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《椿姫》をストリーミング配信

  7. ヒューストン発 〓 ヒューストン・グランド・オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルによる恒例のクリスマス・コンサート中止へ

  9. ヘルシンキ発 〓 フィンランド国立オペラ・バレエが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団の首席客演指揮者にヤクブ・フルシャ

  11. ドレスデン発 〓 聖十字架合唱団の第29代「クロイツカントール」にマーティン・レーマン

  12. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が公演継続のメッセージ

  13. ロサンゼルス発 〓 映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の作曲家が降板、後任になんとハンス・ジマー

  14. テルアビブ発 〓 2020年の「オペラリア」はテルアビブで開催

  15. バレンシア発 〓 ソフィア王妃芸術宮殿の次期音楽監督にジェームズ・ガフィガン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。