ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールのピアノ部門で、フランスのジョナサン・フルネルが優勝

2021/05/30
【最終更新日】2021/09/23

ベルギーの首都ブリュッセルで行われていたエリザベート王妃国際音楽コンクール(Queen Elisabeth International Music Competition)のピアノ部門で現地時間の29日、フランスのジョナサン・フルネル(Jonathan Fournel)が優勝した。2位はロシアのセルゲイ・レッドキン、3位は日本の務川慧悟。また、阪田知樹が4位に入賞した。

エリザベート王妃国際音楽コンクールは、チャイコフスキー国際コンクール、ショパン国際ピアノ・コンクールと並ぶ世界三大コンクールの一つで、ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、声楽の4部門があり、年を変えて開催されている。ピアノ部門は昨年が開催年だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された。

今回のピアノ部門にはビデオ審査を通過した58人が参加。リサイタル形式の1次予選を通過した12人が2次予選に進み(通常は24人)、2次予選ではリサイタルとオーケストラとのコンサートに分けて審査を行い、その中から6名が本選が進んだ。本選では自分の選んだ協奏曲とブルーノ・マントヴァーニ作曲の課題曲《妖精の庭から》を演奏した。

優勝したフルネルは、フランス・サルブール生まれの27歳。ドイツのザールブリュッケン音楽大学卒業後、パリの国立高等音楽院で学んだ。2013年にヴィオッティ国際音楽コンクールで優勝、2016年以来、ブリュッセルのエリザベス女王音楽礼拝堂のアーティスト・イン・レジデンスを務めている。

務川は愛知県出身の28歳。東京藝術大学在学中に日本音楽コンクールで1位となり、その後、パリの国立高等音楽院で学び、2019年にはフランスのロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールで2位。また、阪田も愛知県出身で27歳。東京藝術大学を経て現在はドイツのハノーバー音楽演劇大学の大学院に在籍中。

写真:Queen Elisabeth International Music Competition


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ヒューストン発 〓 ヒューストン・グランド・オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  2. シカゴ発 〓 リリック・オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ロンドン発 〓 BBCコンサート・オーケストラの首席客演指揮者にアンナ=マリア・ヘルシング

  5. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場の次期芸術監督にグラーツ歌劇場のノラ・シュミット

  6. フィレンツェ発 〓 新型コロナウイルスの感染拡大めぐり、チョン・ミョンフンも降板

  7. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”第54週、第55週のラインナップを発表

  8. ストックホルム発 〓 トランペットの清水慶太郎がスウェーデン王立歌劇場の首席奏者に

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表、新制作の《カルメン》も

  10. ライプチヒ発 〓 ブロムシュテットがゲヴァントハウス管とシューベルト、ベルワルドの交響曲全集

  11. プラハ発 〓 プラハ国立歌劇場の次期音楽監督にウクライナの指揮者アンドリー・ユルケヴィチ

  12. マルチナ・フランカ発 〓 ヴァッレ・ディートリア音楽祭の次期芸術監督にセバスチャン・シュワルツ

  13. パリ発 〓 ミッコ・フランクがフランス放送フィルとの契約を延長

  14. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」のノミネート録音を発表、10日から投票始まる

  15. マドリード発 〓 カウフマンとラドヴァノフスキーがともにアリアを再度熱唱、同一舞台で二人はテアトロ・レアル初

    • 市岡 利康

    エリザベート王妃コンクールピアノ部門の2位は、セルゲイ・レーディキンさんでしたよー。

      • m-festival

      ご指摘ありがとうございます。記事を訂正しました。
      なんで間違えたのか………お恥ずかしい限りです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。