香港発 〓 香港フィルの音楽監督にペルトコスキ、ズヴェーデンの後任

2024/07/04
【最終更新日】2024/07/05

香港フィルハーモニー管弦楽団(Hong Kong Philharmonic Orchestra)は、フィンランド出身の若手指揮者タルモ・ペルトコフスキ(Tarmo Peltokoski)を次期音楽監督に迎えると発表した。2012年からその任にあり、2023/2024シーズンで退任するヤープ・ヴァン・ズヴェーデンの後任。任期は2026/2027シーズンから4年間。

ペルトコスキはヘルシンキ生まれの24歳。フィリピンとフィンランドのハーフで、14歳でシベリウス音楽院に進み、名伯楽ヨルマ・パヌラに師事。同時にサカリ・オラモ、ハンヌ・リントゥ、ユッカ=ペッカ・サラステの下で研鑽を積んだ。2020年にフィンランド放送交響楽団を指揮して指揮者デビューした。

指揮者界で一大勢力となったフィンランドの指揮者の中でも、クラウス・マケラと並んで躍進著しく、2023/2024シーズンからラトビア国立交響楽団の音楽監督兼芸術監督を務め、2024/2025シーズンからはフランス・トゥールーズのキャピトル国立管弦楽団の音楽監督も兼任する。また、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者。

香港フィルにデビューしたのは昨年のことで、この7月5日と6日、二度目の客演を控えている。チョ・ソンジンをソリストに迎えたプロコフィエフのピアノ協奏曲第2番、マーラーの交響曲第5番を指揮する。

写真:Hong Kong Philharmonic Orchestra


関連記事

  1. 訃報 〓 ケネス・ウーラム(83)英国のテノール歌手

  2. 訃報 〓 イゴール・オジム(92)スロヴェニア出身のヴァイオリニスト

  3. ミュンヘン発 〓 パーヴォル・ブレスリクにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  4. トゥールーズ発 〓 キャピトル劇場が新シーズン、2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ドレスデン発 〓 ザクセン州立オペラが昨年秋公開の《魔笛》をストリーミング

  6. 東京発 〓 ウィーン国立歌劇場の舞台映像が初めて日本の映画館のスクリーンに

  7. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  8. 訃報 〓 ラドミル・エリシュカ(88)チェコの指揮者

  9. マルセイユ発 〓 市立歌劇場が新制作の《トスカ》をストリーミング配信

  10. ミンスク発 〓 ベラルーシ国立オペラ管のコンサートマスターたちを反大統領派として解雇

  11. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・フィルが新シーズンの開幕コンサート

  12. ワルシャワ発 〓 アントニ・ヴィトの80歳の誕生日コンサートに気候活動家が乱入

  13. ミラノ発 〓 スカラ座が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  14. サンフランシスコ発 〓 マイケル・ティルソン・トーマスの名前を付けた「MTTウェイ」誕生

  15. ロサンゼルス発 〓 Netflixがバーンスタインを描いた映画『Bernstein』の製作に参加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。