訃報 〓 ヴォルフガング・ベッチャー, ドイツのチェロ奏者・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元首席奏者

2021/02/26

チェリストのヴォルフガング・ベッチャー(Wolfgang Boettcher)が亡くなった。86歳だった。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker)の首席奏者を長く務め、コンサート・マスターのトーマス・ブランディスと「ブランディス弦楽四重奏団」を結成。「ベルリン・フィル12人のチェリスト」の創設メンバーとしても活躍した。

ベルリン生まれで、1958年のミュンヘン国際音楽コンクールで2位を獲得、その年、ベルリン・フィルに入団。1963年から1976年の退団まで首席奏者を務めた。1976年からはベルリン芸術大学の教授に就任、後進の指導に当たり、ベルリン・フィルのチェロ奏者の半分が門下生といわれる。

若手音楽家の指導については、ドイツ北部バート=キッシンゲンを中心に行われている夏の音楽祭「キッシンゲンの夏」の芸術監督、バーデン=バーデンの「カール=フレッシュ・アカデミー」の教授を務めている。1988年からバイエルン美術アカデミーの会員。晩年までピアノのウルスラとヴァイオリンのマリアンヌという2人の姉妹と演奏を続けていた。

写真:YouTube





関連記事

  1. 香港発 〓 香港フィルの常任指揮者にマカオ出身の指揮者リオ・クオクマン

  2. バンクーバー発 〓 キーシンが自由主義陣営の及び腰のウクライナ支援を一喝、「あらゆることしなければ」

  3. リスボン発 〓 ピアノのマリア・ジョアン・ピレシュが現場復帰を報告

  4. 東京発 〓 第32回「高松宮殿下記念世界文化賞」、音楽部門はチェロのヨーヨー・マ

  5. 訃報 〓 テレサ・ツィリス=ガラ, ポーランド出身のソプラノ歌手

  6. 訃報 〓 ビセルカ・ツヴェイチ, セルビアのメゾ・ソプラノ歌手

  7. マドリード発 〓 マルゼナ・ディアクンが来シーズンからマドリード州立管の芸術監督に

  8. ストックホルム発 〓 2018年の「ビルギット・ニルソン賞」はシュテンメに

  9. バーミンガム発 〓 ミルガ・グラジニーテ=ティーラが新型コロナウイルス検査で陽性反応

  10. ウェリントン発 〓 ニュージーランド響の次期首席指揮者にジェンマ・ニュー

  11. デンバー発 〓 コロラド響の首席指揮者にピーター・ウンジャン

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場がアーカイブを毎日ストリーミング配信、公演休止中の4月2日までは無料で

  13. ベルリン発 〓 リサ・バティアシュヴィリがベルリン・フィルのコンサートマスターに

  14. ハレ・ヘンデル音楽祭 〓 2021年の開催中止を発表、コロナ禍による中止は2年連続

  15. ボストン発 〓 フェニックス管弦楽団の次期音楽監督にジョシュア・ワイラースタイン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。