リガ・ユールマラ音楽祭 〓 ネルソンズがバイロイト祝祭管弦楽団を率いて登場、シカゴ交響楽団の代役で

2021/02/26

5年ぶりに復帰してバイロイト音楽祭を締め括る2回のコンサートを指揮するアンドリス・ネルソンズ(Andris Nelsons)がその後、バイロイト祝祭管弦楽団を率いて、母国ラトビアのリガ・ユールマラ音楽祭(Mūzikas festivāls RĪGA JŪRMALA)に客演することになった。9月3日と5日に国立歌劇場でコンサートを行う。

音楽祭は2019年、ヴェルビエ音楽祭の創設者マルタン・エングストロームが創設したもの。首都リガと近郊のユールマラで毎夏行われている。今年は7月16日から8月29日に行われるが、予定されていたリッカルド・ムーティ率いるシカゴ交響楽団の客演がコロナ禍で中止となり、その代役にバイロイト祝祭管が登場することになった。

ネルソンスはバイロイト音楽祭で《パルジファル》、《ローエングリン》、《ワルキューレ》、《ワルキューレ》と《神々の黄昏》の音楽を取り上げるが、リガにもそのプログラムをそのまま持ち込む。歌手陣も同行する。

リガの街はワーグナーゆかりの街。ドイツ人が切り拓いたこの街にあったドイツ・バルト人のための劇場で、ワーグナーは1837年から1939年にかけて指揮者として活動していた。また、リガで過ごした時期に《リエンツィ》を作曲したといわれている。

写真:Boston Symphony Orchestra


    音楽祭プロフィールはこちら ▷

    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. レスター発 〓 英国の夏の音楽祭、ネヴィル・ホルト・オペラとバクストン・フェスティバルも開催を断念

  2. リヒャルト・シュトラウス音楽祭 〓 アレクサンダー・リープライヒが芸術監督を辞任

  3. バイロイト音楽祭 〓 ピョートル・ベチャワが2022年の音楽祭でパルジファル

  4. ペララーダ城フェスティバル 〓 2021年の公演ラインナップを発表

  5. ブレゲンツ音楽祭 〓 2022年の公演ラインナップを発表、湖上ステージの《蝶々夫人》以外に《アルジェのイタリア女》、《アルミーダ》、《シベリア》を上演

  6. グラインドボーン音楽祭 〓 2021年の公演ラインナップを発表

  7. パルマ発 〓 ヴェルディ・フェスティバルが2022年の音楽祭スケジュールを発表

  8. ザルツブルグ復活祭音楽祭 〓 2023年から毎年違う指揮者とオーケストラで

  9. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭が今後の予定を発表。ビシュコフ、ガッティが復帰

  10. グランドティトン音楽祭 〓 音楽監督を務めるドナルド・ラニクルズとの契約を延長

  11. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭がジョン・ルンドグレンの降板を発表

  12. ガーシントン・オペラ 〓 9月にセミ・ステージ形式で《フィデリオ》

  13. ヴェルビエ発 〓 ヴェルビエ音楽祭も開催断念

  14. ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭 〓 2022年のオペラは《セビリアの理髪師》、芸術監督のバルトリ自ら出演

  15. ルツェルン発 〓 ルツェルン音楽祭が秋のイベント「ベートーベン・別れ」をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。