ルートヴィヒスブルク音楽祭 〓 開幕延期も、リーニフ指揮の《田園》をライブ・ストリーミング

2021/05/04

ドイツのルートヴィヒスブルク音楽祭(Ludwigsburger Schlossfestspiele)が開幕延期を発表した。音楽祭は5月6日、ウクライナの指揮者オクサーナ・リーニフ(Oksana Lyniv)指揮の音楽祭管弦楽団のコンサートで開幕する予定だった。音楽祭は現地時間6日午後8時からのこのコンサートを無観客で行い、ライブ・ストリーミングする。

音楽祭の開幕延期は、ドイツ政府の新型コロナウイルス規制でまだ劇場を開くことができないため。ドイツの劇場のほとんどが6月以降の再会場を発表している。音楽祭は例年、5月初旬から7月初旬にかけて、シュトゥットガルトの北12キロほどにあるルートヴィヒスブルク城を舞台に行われている。

2015年から2019年にかけてはフィンランドの指揮者ピエタリ・インキネンが首席指揮者。昨年も新型コロナウイルスの感染拡大で中止されており、仕切り直しの今年は、リーニフ以下、アロンドラ・デ・ラ・パーラ、バーバラ・ハンニガンという、女性指揮者3人が音楽監督を担当することになっている。

開幕コンサートはジョン・ケージの《4分33秒》、ベートーヴェンの交響曲第6番《田園》など。配信は音楽祭のホームページなどで行われる。今年夏のドイツ・バイロイト音楽祭に、音楽祭史上初の女性指揮者として登場するリーニフは、母国でも「リヴィウ・モーツァルト」という音楽祭を主宰するなど何かと話題。

写真:LvivMozArt


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ドレスデン発 〓 ザクセン州政府がティーレマンと契約延長せず、シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者は2024年まで

  2. ライプツィヒ発 〓 ピアニストのアンドラーシュ・シフに2022年の「バッハ・メダル」

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が13日、ドイツの歌劇場のトップを切って再開場

  4. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《トリスタンとイゾルデ》を31日にライブ・ストリーミング

  5. ケルン発 〓 ケント・ナガノがコンチェルト・ケルンと《リング》四部作上演に挑戦

  6. 訃報 〓 ウド・ツィンマーマン, 作曲家

  7. サヴォンリンナ発 〓 オペラ・フェスティバルが2021年夏の公演ラインナップを発表

  8. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団の本拠地となる新たなホール建設へ

  9. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  10. エクス=アン=プロヴァンス音楽祭 〓 夏の音楽祭の公演ラインナップを発表

  11. ケルン発 〓 ヨーロッパ10都市でのウクライナ国歌演奏を集め連帯をアピール、欧州コンサートホール機構

  12. シュトゥットガルト発 〓 州立バレエが音楽監督を解任

  13. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭、2021年のスケジュールを発表

  14. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が首席指揮者にラトル

  15. ベルリン発 〓 ピアノのラルス・フォークトがインタビューでがん闘病語る

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。