カルロヴィ・ヴァリ発 〓 市議会が地元オーケストラの楽団長を突如解任、それを受けて首席指揮者が抗議の辞任、楽団員は解任撤回の署名集めをスタート

2021/02/25

チェコのカルロヴィ・ヴァリ交響楽団(Karlovy Vary Symphony Orchestra)で23日、楽団長が市議会によって突然解任されたことを受け、首席指揮者が解任の理由が明らかにされていないと抗議して辞任、楽団員は解任撤回を求める市民の署名を集める騒ぎが起きている。署名は1日で1000人を突破したという。

解任されたのは楽団長のペトル・ポリーフカ(Petr Polívka)で、辞任したのは2015/2016シーズンから首席指揮者を務めてきたヤン・クチュラ(Jan Kučera)。現地の報道を総合すると、解任の背景には、コロナ禍で財政難に陥った市が求めたオーケストラの人員削減が進まなかったことがあるとみられる。

カルロヴィ・ヴァリはチェコ西部にある人口5万人強の街。ドイツ語名のカールスバートという名前でも知られ、温泉保養地として名高い。オーケストラは1935年の創設で、徐々に規模を拡大。1894年にはドヴォルザークの交響曲第9番《新世界より》のヨーロッパ初演を行うまでに成長した。

初演後も作曲家本人の来訪が続いたこともあり、1958年からは毎年秋、オーケストラが中心となったドボルザーク秋音楽祭も開催されている。また、日本でも馴染みの深いラドミル・エリシュカ(Radomil Eliška)が1969年から1990年まで首席指揮者を務めていた。


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ドイツの音楽家6人が音楽家への支援を訴える書簡を文化大臣に、新型コロナウイルス禍で

  2. ロンドン発 〓 英国のロイヤル・オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  3. エバンストン発 〓 2021年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワード」はジェンマ・ニューに

  4. ブエノスアイレス発 〓 南米も公演キャンセル広がる、新型コロナウイルスの感染拡大で

  5. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが総裁二人に名誉会員の称号

  6. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が7月、ガッティ指揮によるオペラの野外上演をシエナ広場で計画

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが《マゼッパ》の公演を断念、新型コロナで主役降板

  8. パリ発 〓 テノールのアラーニャが「レジオンドヌール勲章」を受章

  9. ロンドン発 〓 英国の劇場やホールも閉鎖、公演もすべてキャンセル

  10. 東京発 〓 新国立劇場が2020/2021シーズンの公演ラインアップを発表

  11. シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団が夏のヨーロッパ・ツアーを中止

  12. 訃報 〓 ジャンヌ・ラモン, カナダのヴァイオリニスト / ターフェルムジーク・バロック管弦楽団の前音楽監督

  13. デトロイト発 〓 演出家のユヴァル・シャロンがミシガン・オペラ・シアターの芸術監督に

  14. ローマ発 〓 ガッティが「共和国記念日」を祝うコンサートを指揮

  15. ウルム発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にフェリックス・ベンダー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。