ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が新制作の《魔弾の射手》をライブ配信

2021/01/21

バイエルン州立歌劇場(Bayerische Staatsoper)が2月13日、新制作のウェーバー《魔弾の射手》の公演をライブ配信すると発表した。公演は新型コロナウイルスの感染拡大が止まないため無観客で行われる。新演出を手掛けるのはドミトリー・チャルニャコフ。

出演するのは、ボリス・プジグル、バーリント・サボー、ゴルダ・シュルツ、アンナ・プロハスカ、パヴェル・チェルノフ、カイル・ケテルセン、タレク・ナズミ。指揮はアントネッロ・マナコルダが起用される。

写真:Bayerische Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. パリ発 〓 国立オペラにまたストライキの嵐、《オイディプス王》の公演はコンサート形式による上演に変更

  2. ドレスデン発 〓 ティーレマンがカール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学の名誉教授に

  3. アテネ発 〓 ギリシャ国立オペラもストリーミング配信を開始

  4. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭が2022年の公演ラインナップを発表、新制作の《トリスタンとイゾルデ》を追加

  5. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  6. ボストン発 〓 ボストン響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  7. バンクーバー発 〓 キーシンが自由主義陣営の及び腰のウクライナ支援を一喝、「あらゆることしなければ」

  8. ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  9. シオン発 〓 ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクールが閉幕

  10. プラハ発 〓 国立歌劇場の音楽監督にカール・ハインツ・シュテフェンス

  11. ヘルシンキ発 〓 シベリウス・コンクールがロシア人二人の参加を取消

  12. ドレスデン発 〓 ザクセン州政府がティーレマンと契約延長せず、シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者は2024年まで

  13. ベルリン発 〓 ヨアナ・マルヴィッツがベルリン・コンツェルトハウス管の次期首席指揮者に

  14. ヘルシンキ発 〓 シベリウス国際ヴァイオリン・コンクールが開催延期を発表

  15. ゲイツヘッド発 〓 ノリントンが王立ノーザン・シンフォニアを指揮して引退コンサート、ライブ・ストリーミングも

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。