ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表、あの《フィガロの結婚》も

2021/02/07

ウィーン国立歌劇場が2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表した。今回のラインナップには、2月1日にライブ・ストリーミング配信される予定だった《フィガロの結婚》も加えられた。

話題の《フィガロの結婚》は、ジャン=ピエール・ポネルの名演出を新しいキャストで無観客上演してライブ・ストリーミングする予定だったが、合唱団のメンバーに新型コロナウイルスの感染者が出たことから上演が延期された。4日に上演にこぎ着け、収録が行われた。

ストリーミングはいずれも現地時間の19時から。ラインナップは以下の通り。

7日
モーツァルト《フィガロの結婚》
演出:ジャン=ピエール・ポネル
指揮:フィリップ・ジョルダン
出演:アンドレ・シュエン / フェデリカ・ロンバルディ / フィリップ・スライ / ルイーズ・オルダー、 / ヴィルジニー・ヴェレーズ
(収録:2021)


8日
バレエ《くるみ割り人形》
振付:ルドルフ・ヌレエフ
指揮:ポール・コネリー
出演:リュドミラ・コノヴァロワ / ウラジミール・シショフ
(収録:2012)


9日
モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》
演出:ジャン=ルイ・マルティノティ
指揮:アダム・フィッシャー
出演:マリウス・クヴィエチェン / アーウィン・シュロット / マリーナ・レベカ / ユリアーネ・バンゼ / ベンヤミン・ブルンス
(収録:2015)


10日
モーツァルト《皇帝ティートの慈悲》
指揮:Adam Fischer
出演:ベンヤミン・ブルンス / キャロライン・ウェンボーン / マルガリータ・グリツコヴァ / ヒラ・ファヒマ / ミリアム・ アルバーノ
(収録:2016)


11日
モーツァルト《フィガロの結婚》
演出:ジャン=ピエール・ポネル
指揮:フィリップ・ジョルダン
出演:アンドレ・シュエン / フェデリカ・ロンバルディ / フィリップ・スライ / ルイーズ・オルダー、 / ヴィルジニー・ヴェレーズ
(収録:2021)


12日
モーツァルト《魔笛》
演出:パトリス・コリエ & モーシェ・ライザー
指揮:アダム・フィッシャー
出演:ベンヤミン・ブルンス / オルガ・ベズメルトナ / イリーデ・マルティネス / マルクス・ヴェルバ / アニカ・ゲルハルズ
(収録:2015)


13日
モーツァルト《後宮からの逃走》
演出:ハンス・ノイエンフェルス
指揮:アントネッロ・マナコルダ
出演:リセッテ・オロペサ / クリスチャン・ニッケル / レグラ・ミューレマン / ステラ・ロバーツ / ダニエル・ベーレ
(収録:2020)


写真:Wiener Staatsoper


関連記事

  1. 金沢発 〓 広上淳一、オーケストラ・アンサンブル金沢のアーティスティック・リーダーに

  2. ロンドン発 〓 フェリックス・ミルデンベルガーが「ドナテッラ・フリック指揮者コンクール」で優勝

  3. ベルリン発 〓 ドナルド・ラニクルスがベルリン・ドイツ・オペラの音楽総監督退任へ

  4. イエナ発 〓 指揮者のシモン・ガウデンツが音楽総監督を務めるイエナ・フィルとの契約を延長

  5. トゥールーズ発 〓 トゥールーズ市長、トゥガン・ソヒエフにロシアのウクライナ侵略についてのコメント発表を要請

  6. リガ発 〓 エギルス・シリンスがラトビア国立オペラの総監督に

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場が約50ぶりの新制作となる《ニュルンベルクのマイスタージンガー》をライブ・ストリーミング

  8. 訃報 〓 ハンス・ツェンダー(82)ドイツの指揮者、作曲家

  9. 訃報 〓 ラインベルト・デ・レーウ(81)オランダの指揮者、ピアニスト、作曲家

  10. ミラノ発 〓 スカラ座のトップ、当初の予定通りこの9月でオルトンビーナに交代

  11. ストックホルム発 〓 ファスト・ファッション界の雄「H&M」オーナーが母国のロイヤル・ストックホルム・フィルに1000万ドルを寄付

  12. ベルリン発 〓 ウクライナのオデッサ・フィルがベルリン音楽祭に出演

  13. ロンドン発 〓 ヴァイオリンのニコラ・ベネデッティが新しい古楽オーケストラを旗揚げ

  14. フィラデルフィア発 〓 演奏前に楽団員が同僚に“客前プロポーズ”

  15. モスクワ発 〓 ゲルギエフがボリショイ劇場の総監督に就任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。