ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表、あの《フィガロの結婚》も

2021/02/07

ウィーン国立歌劇場が2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表した。今回のラインナップには、2月1日にライブ・ストリーミング配信される予定だった《フィガロの結婚》も加えられた。

話題の《フィガロの結婚》は、ジャン=ピエール・ポネルの名演出を新しいキャストで無観客上演してライブ・ストリーミングする予定だったが、合唱団のメンバーに新型コロナウイルスの感染者が出たことから上演が延期された。4日に上演にこぎ着け、収録が行われた。

ストリーミングはいずれも現地時間の19時から。ラインナップは以下の通り。

7日
モーツァルト《フィガロの結婚》
演出:ジャン=ピエール・ポネル
指揮:フィリップ・ジョルダン
出演:アンドレ・シュエン / フェデリカ・ロンバルディ / フィリップ・スライ / ルイーズ・オルダー、 / ヴィルジニー・ヴェレーズ
(収録:2021)


8日
バレエ《くるみ割り人形》
振付:ルドルフ・ヌレエフ
指揮:ポール・コネリー
出演:リュドミラ・コノヴァロワ / ウラジミール・シショフ
(収録:2012)


9日
モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》
演出:ジャン=ルイ・マルティノティ
指揮:アダム・フィッシャー
出演:マリウス・クヴィエチェン / アーウィン・シュロット / マリーナ・レベカ / ユリアーネ・バンゼ / ベンヤミン・ブルンス
(収録:2015)


10日
モーツァルト《皇帝ティートの慈悲》
指揮:Adam Fischer
出演:ベンヤミン・ブルンス / キャロライン・ウェンボーン / マルガリータ・グリツコヴァ / ヒラ・ファヒマ / ミリアム・ アルバーノ
(収録:2016)


11日
モーツァルト《フィガロの結婚》
演出:ジャン=ピエール・ポネル
指揮:フィリップ・ジョルダン
出演:アンドレ・シュエン / フェデリカ・ロンバルディ / フィリップ・スライ / ルイーズ・オルダー、 / ヴィルジニー・ヴェレーズ
(収録:2021)


12日
モーツァルト《魔笛》
演出:パトリス・コリエ & モーシェ・ライザー
指揮:アダム・フィッシャー
出演:ベンヤミン・ブルンス / オルガ・ベズメルトナ / イリーデ・マルティネス / マルクス・ヴェルバ / アニカ・ゲルハルズ
(収録:2015)


13日
モーツァルト《後宮からの逃走》
演出:ハンス・ノイエンフェルス
指揮:アントネッロ・マナコルダ
出演:リセッテ・オロペサ / クリスチャン・ニッケル / レグラ・ミューレマン / ステラ・ロバーツ / ダニエル・ベーレ
(収録:2020)


写真:Wiener Staatsoper


関連記事

  1. ヴェッセルビューレン発 〓 五嶋みどりに「ブラームス賞」

  2. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表、新しい「リング・チクルス」がスタート

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場で陽性反応、新制作の《パルジファル》の上演を延期

  4. ロンドン発 〓 指揮者のサカリ・オラモがBBC響との契約を延長

  5. 東京発 〓 NHK交響楽団が次期首席指揮者にファビオ・ルイージ

  6. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が「アワード2020」を発表

  7. ミュンヘン発 〓 ネトレプコ、トゥーランドット姫に挑戦

  8. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が新しい公演スケジュールを発表

  9. 香港発 〓 香港フィルが日本、韓国ツアーを中止

  10. ザルツブルク発 〓 オーストリア政府、祝祭大劇場などの改修工事に10年300億円強

  11. ベルリン発 〓 パク・キョンミンが韓国人として初めてベルリン・フィルに入団

  12. 訃報 〓 オトマール・ボルヴィツキー, ドイツのチェロ奏者、ベルリン・フィルの元首席奏者

  13. デトロイト発 〓 演出家のユヴァル・シャロンがミシガン・オペラ・シアターの芸術監督に

  14. バッファロー発 〓 ジョアン・ファレッタがバッファロー・フィルとの契約を延長

  15. ニュルンベルク発 〓 市が財政難で新しいコンサートホールの建設を延期

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。