モスクワ発 〓 ヴァイオリニストのアナスタシア・チェボタリョーワが逮捕 !?

2020/02/12

ヴァイオリニストのアナスタシア・チェボタリョーワ(Anastasia Chebotareva)が横領罪の疑いで1月半ばに逮捕されていたことが解った。ロシアのメディアが報じている。チェボタリョーワは1972年、ウクライナの首都オデッサの生れ。名教師イリーナ・ボチコーワに音楽的才能を見出され、モスクワ中央音楽学校、モスクワ音楽院に進み、1989年のパガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールに入賞、1992年のロドルフォ・リピツァー国際コンクールで優勝。1994年には第10回チャイコフスキー国際コンクールのヴァイオリン部門で、一位なしの最高位を米国のジェニファー・コーと分け合った。

現地での報道によると、今回の逮捕は、チェボタリョーワの夫でカルト宗教「神クージャ」の教祖を名乗ったアンドレイ・ポポフに連座しての逮捕。ポポフと教団関係者は2015年9月に信者に対する詐欺容疑で逮捕され、5年の刑を言い渡されて服役していた。その逮捕時にチェボタリョーワも関連人物として警察当局によって指名手配を受けていたという。収監されたチェボタリョーワは追加調査のために3月まで拘留される見通し。捜査当局に対して、てんかんの症状が出て苦しいと訴えている、と報じられている。

チェボタリョーワはレオニード・コーガン、ヴィクトル・トレチャコフ、ヴィクトリア・ムローヴァの系譜に繋がる実力派ヴァイオリニストの一人。1999年からは母校モスクワ音楽院の助教授にも就任、2004年にはロシア連邦功労芸術家も受章している。その美貌も相まって、「アナスタシア」の愛称で親しまれていた。日本でも、NHKの2003年の月曜ドラマ「緋色の記憶」のテーマ曲を演奏している他、フジテレビ開局45周年記念ドラマ「海峡を渡るバイオリン」にヴァイオリニスト役で出演。2000年から2007年までくらしき作陽音楽大学の特任教授を務めた。

写真:www.anastasia-chebotareva.com




関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、2021年は中止

  2. 東京発 〓 新国立劇場が2020/2021シーズンの公演ラインアップを発表

  3. ロッテルダム発 〓 ロッテルダム・フィルがラハフ・シャニとの契約を延長

  4. ロンドン発 〓 英国の劇場やホールも閉鎖、公演もすべてキャンセル

  5. 横浜発 〓 神奈川フィルが創立50周年

  6. 訃報 〓 ニコラ・ジョエル, フランスの演出家・パリ国立オペラ元総裁

  7. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラの次期音楽監督にキム・ウンソン

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場のマイヤー総裁が「ドミンゴとの契約を履行」

  9. 訃報 〓 クシシュトフ・ペンデレツキ, ポーランドの作曲家

  10. モスクワ発 〓 ロシアも連邦機関、博物館、劇場を閉鎖

  11. 訃報 〓 エンニオ・モリコーネ, イタリアの作曲家

  12. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウが5月いっぱい閉鎖、「マーラー音楽祭」もお流れ

  13. ロンドン発 〓 置き忘れたヴァイオリン、スティーブン・モリスに戻る

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  15. シオン発 〓 ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクールが閉幕

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。