ニューヨーク発 〓 エマーソン弦楽四重奏団がリンカーンセンターでお別れコンサート

2023/10/30

アメリカを代表する弦楽四重奏団エマーソン弦楽四重奏団(Emerson String Quartet)が22日、ホーム・グラウンドでもあったニューヨークのリンカーンセンターでお別れコンサートを行った。活動は47年に及び、ドイツ・グラモフォン・レーベルと専属契約、過去6つのアルバムが米国のグラミー賞(最優秀室内楽録音賞)を受賞している。

創設メンバーはヴァイオリンがユージーン・ドラッカー、フィリップ・セッツァー、ヴィオラがグィルエルモ・フィグエロン、チェロがエリック・ウィルソンという顔ぶれで、その名前は、アメリカの詩人・哲学者ラルフ・ワルド・エマーソンに因んでいる。第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンが曲によって交代するのが大きな特徴としてきた。

活動の拠点はニューヨーク州で、陰影に富んだ表現と軽やかなリズム感を特徴とし、ドビュッシーやラヴェル、アイヴズ、バルトーク、ショスタコーヴィチ、バーバーなどの近現代作品を得意としており、1982年から1989年までリンカーン・センター室内楽協会の最初のレジデント弦楽四重奏団を務め、協会史上初めてベートーヴェン弦楽四重奏曲の全曲演奏に取り組み、6曲あるバルトーク四重奏曲全曲を一晩で演奏している。

現在のメンバーはドラッカー、セッツァーにヴィオラがローレンス・ダットン、チェロがポール・ワトキンスで、お別れコンサートでは、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第13番と大フーガ、これにシューベルトの弦楽五重奏曲 op.163を演奏した。五重奏には、1979年から2013年までメンバーだったチェロのデイヴィッド・フィンケルも演奏に加わった。

今後はグループでの演奏活動は行わないが、メンバーはそれぞれ個人としての演奏活動は続け、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校に設けられたエマーソン弦楽四重奏団研究所などで後進の指導を続ける。また、最後の1年間の活動はドキュメンタリーとしてリリースされる予定もある。

写真:Chamber Music Society of Lincoln Center / Da Ping Luo


関連記事

  1. 訃報 〓 エディタ・グルベローヴァ(74)スロバキアのソプラノ歌手

  2. 東京発 〓 都響の新たなコンサートマスターに水谷晃

  3. ボルチモア発 〓 マリン・オールソップがシーズン終了をもってボルティモア響の音楽監督を退任

  4. ロンドン発 〓 「オペラ・アワード2020」、ノミネート作品を発表

  5. トゥールーズ発 〓 キャピトル国立管が音楽監督を辞任したトゥガン・ソヒエフに「名誉指揮者」の称号

  6. 訃報 〓 オスカー・ギリア(85)イタリアのギタリスト

  7. バーミンガム発 〓 財政破綻のバーミンガム市が市立交響楽団に対する年間約1億2,000万円の補助金を2025年に全額カット

  8. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラが音楽監督のマルタ・ガルドリンスカとの契約を延長

  9. サンクト・ペテルブルク発 〓 セーゲルスタムがサンクトペテルブルク響の首席客演指揮者に

  10. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  11. コッレッジョ発 〓 レオ・ヌッチが引退を“宣言”

  12. タンペレ発 〓 マシュー・ホールズがフィンランドのタンペレ・フィルの首席指揮者に

  13. リエージュ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチがワロン王立オペラの音楽監督を退任

  14. ロンドン発 〓 指揮者のサカリ・オラモがBBC響との契約を延長

  15. ウィーン発 〓 シェーンブルン宮殿のサマー・ナイト・コンサートを9月に延期、ウィーン・フィル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。