ウィーン発 〓 ドミンゴ、国立歌劇場で80歳を祝う

2021/01/19

ウィーン国立歌劇場が1月後半のストリーミング配信のラインナップを発表した。ストリーミングはいずれも現地時間の19時から。ラインナップは以下の通り。

今回のラインナップの目玉は、22日にライブでストリーミングされるヴェルディ《ナブッコ》で、前日に80歳を迎えるテノール歌手プラシド・ドミンゴ(Plácido Domingo)が出演するのが話題。

無観客で行う公演は、マルコ・アルミリアートの指揮。現地時間16時半からライブ・ストリーミングする他、24日にはオーストリア放送協会での放送も予定されている。

19日
ヴェルディ《ドン・カルロ》
指揮:マルコ・アルミリアート
出演:ステファノ・セッコ / ディミトリ・ホヴォロストフスキー / マリア・ピーア・ ピスチテッリ / ベアトリス・ユリア=モンゾン / フェルッチョ・フルラネット
(収録:2015年)

20日
リヒャルト・シュトラウス《サロメ》
指揮:ミヒャエル・ボーダー
出演:リーゼ・リンドストローム / ミヒャエル・ヴォッレ / ワルトラウト・マイヤー / ヘルヴィヒ・ペコラーロ
(収録:2020年)

21日
バレエ《白鳥の湖》ルドルフ・ヌレエフ振付
指揮:アレクサンダー・イングラム
出演:オルガ・エシナ / ウラジミール・シショフ / エノ・ペシ
(収録:2014)

22日
ヴェルディ《ナブッコ》
指揮:マルコ・アルミリアート
出演:プラシド・ドミンゴ / Freddie De Tommaso / リッカルド・ザネッラート / アンナ・ピロッツィ
(ライブ)

23日
ベルク《ルル》
指揮:インゴ・メッツマッハー
出演:アグネタ・アイヒェンホルツ / ボー・スコウフス / チャールズ・ワークマン / アンゲラ・デノケ / フランツ・グルントヘーバー
(収録:2017年)

24日
ワーグナー《ラインの黄金》
指揮:アダム・フィッシャー
出演:トマス・コニエチュニー / ノルベルト・ エルンスト / ヨッヘン・シュメッケンベッカー / ヘルヴィヒ・ペコラーロ / ミヒャエラ・シュースター
(収録:2016年)

25日
ワーグナー《ワルキューレ》
指揮:アダム・フィッシャー
出演:クリストファー・ベントリス / アイン・アンガー / ワルトラウト・マイヤー / リンダ・ワトソン / トマス・コニエチュニー
(収録:2016年)

写真:Fiorenzo Niccoli


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 東京発 〓 日本音楽財団がマリア・ドゥエニャスに1710年製ストラディバリウス「カンポセリーチェ」を貸与

  2. 東京発 〓 東京交響楽団が2023年度のライブ・ストリーミングのラインナップを発表

  3. 訃報 〓 ラドミル・エリシュカ(88)チェコの指揮者

  4. ドレスデン発 〓 ドレスデン・シュターツカペレが次期首席指揮者にダニエレ・ガッティを選択

  5. マリアーンスケー・ラーズニェ発 〓 “指揮者”ラデク・バボラークが西ボヘミア交響楽団の首席指揮者に

  6. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップ発表、バレンボイム音楽監督30周年で新しい「リング」が登場

  7. 訃報 〓 ヴォルフガング・ベッチャー(86)ドイツのチェロ奏者・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元首席奏者

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場も3月いっぱい閉鎖

  9. 香港発 〓 イップ・ウィンシーが香港シンフォニエッタを卒業!?

  10. 訃報 〓 ハンス・ノイエンフェルス(80)ドイツの演出家

  11. テルアビブ発 〓 ルービンシュタイン国際ピアノコンクール終了、スペインのフアン・ペレス・フロリスタンが優勝、日本の桑原が第2位

  12. ドレスデン発 〓 マレク・ヤノフスキがコンサート形式による新しい“リング・チクルス”、手兵のドレスデン・フィルと

  13. ウィーン発 〓 今年の「オーパンバル」はド・ビリーが指揮、サエンス、ガランチャ、ベチャワが出演

  14. クリーブランド発 〓 空席のコンサートマスターのポジションめぐり、クリーブランド管弦楽団がオーディション

  15. マドリード発 〓 カウフマンとラドヴァノフスキーがともにアリアを再度熱唱、同一舞台で二人はテアトロ・レアル初

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。