ウィーン発 〓 ドミンゴ、国立歌劇場で80歳を祝う

2021/01/19

ウィーン国立歌劇場が1月後半のストリーミング配信のラインナップを発表した。ストリーミングはいずれも現地時間の19時から。ラインナップは以下の通り。

今回のラインナップの目玉は、22日にライブでストリーミングされるヴェルディ《ナブッコ》で、前日に80歳を迎えるテノール歌手プラシド・ドミンゴ(Plácido Domingo)が出演するのが話題。

無観客で行う公演は、マルコ・アルミリアートの指揮。現地時間16時半からライブ・ストリーミングする他、24日にはオーストリア放送協会での放送も予定されている。

19日
ヴェルディ《ドン・カルロ》
指揮:マルコ・アルミリアート
出演:ステファノ・セッコ / ディミトリ・ホヴォロストフスキー / マリア・ピーア・ ピスチテッリ / ベアトリス・ユリア=モンゾン / フェルッチョ・フルラネット
(収録:2015年)

20日
リヒャルト・シュトラウス《サロメ》
指揮:ミヒャエル・ボーダー
出演:リーゼ・リンドストローム / ミヒャエル・ヴォッレ / ワルトラウト・マイヤー / ヘルヴィヒ・ペコラーロ
(収録:2020年)

21日
バレエ《白鳥の湖》ルドルフ・ヌレエフ振付
指揮:アレクサンダー・イングラム
出演:オルガ・エシナ / ウラジミール・シショフ / エノ・ペシ
(収録:2014)

22日
ヴェルディ《ナブッコ》
指揮:マルコ・アルミリアート
出演:プラシド・ドミンゴ / Freddie De Tommaso / リッカルド・ザネッラート / アンナ・ピロッツィ
(ライブ)

23日
ベルク《ルル》
指揮:インゴ・メッツマッハー
出演:アグネタ・アイヒェンホルツ / ボー・スコウフス / チャールズ・ワークマン / アンゲラ・デノケ / フランツ・グルントヘーバー
(収録:2017年)

24日
ワーグナー《ラインの黄金》
指揮:アダム・フィッシャー
出演:トマス・コニエチュニー / ノルベルト・ エルンスト / ヨッヘン・シュメッケンベッカー / ヘルヴィヒ・ペコラーロ / ミヒャエラ・シュースター
(収録:2016年)

25日
ワーグナー《ワルキューレ》
指揮:アダム・フィッシャー
出演:クリストファー・ベントリス / アイン・アンガー / ワルトラウト・マイヤー / リンダ・ワトソン / トマス・コニエチュニー
(収録:2016年)

写真:Fiorenzo Niccoli


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 北九州 〓 ウィーン・フィルの日本ツアーがスタート

  2. ハレ発 〓 ヘンデルの生地ハレのヘンデル音楽祭も開催断念

  3. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市が次の「トーマスカントル」を募集

  4. 東京発 〓 新国立劇場の無料ストリーミング「巣ごもりシアター」が第2弾のラインナップを発表

  5. ボストン発 〓 ネルソンズがボストン響、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管との契約を延長

  6. ロンドン発 〓 英国政府がライブ・イベントの再開を急きょ延期

  7. ベルリン発 〓 作曲家のジョン・ウィリアムズが指揮者として今度はベルリン・フィルにデビュー

  8. ニューヨーク発 〓 ラトルが《薔薇の騎士》で1日だけ代役を依頼

  9. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ニュルンベルク発 〓 ニュルンベルク交響楽団の首席指揮者を今シーズンで退任、カーチュン・ウォン

  11. 大津発 〓 びわ湖ホールが2019年度のラインナップを発表

  12. チューリッヒ発 〓 チューリッヒはワクチン証明か、その場での検査陰性で入場可

  13. ドレスデン発 〓 指揮者のヤノフスキがドレスデン・フィルとの契約を延長

  14. モスクワ発 〓 ロシアのヴォロージン下院議長がウクライナ侵略の停止をプーチン大統領に求めた文化人たちを批判

  15. ドレスデン発 〓 ドレスデン・シュターツカペレが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。