ストラスブール発 〓 ストラスブール・フィルの次期音楽監督にアジス・ショハキモフ

2020/08/05

ストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団(l’Orchestre philharmonique de Strasbourg)の次期音楽監督がウズベキスタン出身のアジス・ショハキモフ (Aziz Shokhakimov)に決まった。2012年からその任にあるマルコ・レトーニャ (Marko Letonja) の後任。任期は2021/2022シーズンから3年。

ストラスブールは、ドイツとの国境に接するフランス北東部の旧アルザス地域圏の街。歴史的に、フランスとドイツの間で帰属を繰り返した歴史を持ち、白ワインの産地として知られる。

ショハキモフは1988年、ウズベキスタンの首都タシケント生まれの32歳。6歳からヴァイオリン、ヴィオラ学び、指揮をウラディミール・ネイメルに師事。13歳の時にウズベキスタン国立交響楽団を指揮してデビューした。その後、ウラディーミル・スピヴァコフが主宰するロシア・ナショナル・フィルハーモニー管弦楽団のクラスに招かれ、2010年には定期演奏会にデビューした。

2010年にバンベルク交響楽団が主催する「グスタフ・マーラー国際指揮者コンクール」で第2位を獲得して国際的な注目を集め、2015年からデュッセルドルフのライン・ドイツ・オペラの指揮者陣に加わった。

2016年には「ネスレ&ザルツブルク音楽祭青年指揮者コンクール」で優勝している。ストラスブール・フィルには2014年以来、たびたび客演していた。

写真:shokhakimov.com


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミラノ発 〓 スカラ座がヴィットリオ・グリゴーロのリサイタルをライブ・ストリーミング

  2. マプト発 〓 女性オーボエ奏者がモザンビークの文化観光大臣に

  3. ベルリン発 〓 ベンゲロフがストリーミング・サービスを開始

  4. ロンドン発 〓 BBCコンサート・オーケストラの首席客演指揮者にアンナ=マリア・ヘルシング

  5. ロンドン発 〓 ターフェルが足首を骨折、当面の出演をキャンセル

  6. ニューヨーク発 〓 音楽マネージメント大手コロンビア・アーティスツが経営破綻

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、ハーディングの代役にコンロン

  8. クラクフ発 〓 ジョルディ・サヴァール一行がポーランドで新型コロナウイルスに感染

  9. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが新しいリサイタル・シリーズを無料でストリーミング配信

  10. ローマ発 〓 アントニオ・パッパーノがサンタ・チェチーリア国立アカデミー管の首席指揮者を退任

  11. ニュルンベルク発 〓 演出家が歌手の代役 !?

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第3週のストリーミング・ラインナップを発表、新制作の《パルジファル》も

  13. ウィーン発 〓 オーストリア政府がロックダウンを24日まで延長

  14. ロンドン発 〓 演出家のグレアム・ヴィック、指揮者のジェーン・グラヴァーに「サー」と「デイム」の称号

  15. ブリュッセル発 〓 名ホール、パレ・デ・ボザールで火災

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。