訃報 〓 服部克久(83)日本の作曲家

2020/06/12
【最終更新日】2023/02/06

日本を代表する作曲家の服部克久(Katsuhisa Hattori)が11日午前、心不全のため都内の病院で死去した。83歳だった。国民栄誉賞を受賞している作曲家の服部良一(Ryoichi Hattori)の長男で、作曲家、編曲家として、テレビ放送の創生期から番組音楽などを数多く手掛けた。

1936年、東京生まれ。成蹊学園中学、高校を経て、フランス・パリ国立高等音楽院作曲科に留学した。1958年に卒業して帰国すると、テレビ放送の創成期にぶつかり、テレビ放送の創生期から番組音楽などを数多く手掛けた。代表作に「サンデーダーク」や「ミュージックフェア」、アニメ「トム・ソーヤーの冒険」、「新世界紀行」、「ザ・ベストテン」、連続テレビ小説「わかば」などがある。

また、1964年の東京五輪では体操競技や開閉会式の音楽を担当。1970年の「大阪万博」では「ガス館」のミロの壁画の音楽を手掛けている。

また、編曲家としても活躍。帰国後の1971年、「花のメルヘン」で日本レコード大賞編曲賞を授賞している。谷村新司のヒット曲「昴―すばる―」、竹内まりやの「駅」など、アレンジした楽曲は延べ6万曲に及ぶ。

1983年からは、自作を思い通りに編曲プロデュースするアルバム「音楽畑」シリーズの発売を開始。これはライフワークとなり、1990、1998年に日本レコード大賞企画賞を受賞した。

音楽生活60周年を迎えた昨年9月、5年ぶりのリリースとなった「音楽畑22 The Final?」には、長男で作曲家の服部隆之、孫娘でヴァイオリニストの服部百音と初めて共作した「ル・ローヌ」を収録している。

1989年から東京音楽大学客員教授に就任。1994年には、日本作編曲家協会会長に就任。2009年から2013年に日本作曲家協会の第6代会長を務めた。日本作曲家協会では、父の良一が第2代会長(1978-1993)を務めている。

写真:hatkat.com / Ty’s Tsuyoshi Nakajima


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 バレンボイム入院長引き、5月のウェスト=イースタン・ディヴァン管のツアーの指揮をキャンセル

  2. 台北発 〓 ニューヨーク・フィルが初夏にズヴェーデンと台湾、中国ツアー

  3. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウが2025年にホール主催の「マーラー音楽祭」、ルイージ率いるN響も参加

  4. ボストン発 〓 ボストン響も2020/2021シーズンのキャンセルを発表

  5. 東京発 〓 2020年度の分配額が過去最高の1206億円、日本音楽著作権協会

  6. 東京発 〓 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールと沼尻竜典が「第51回ENEOS音楽賞」洋楽部門を受賞

  7. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  8. トロント発 〓 トランペットのコレッティが「カナディアン・ブラス」を退団

  9. ロサンゼルス発 〓 レナード・バーンスタインの“鼻”が物議、映画「マエストロ」のメイクで

  10. オルデンブルク発 〓 州立劇場が音楽総監督ヘンドリク・ヴェストマンの退任発表、任期満了の2024/2025シーズンをもって

  11. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇場がモーツァルト《皇帝ティートの慈悲》の新作をライブ・ストリーミング

  12. シカゴ発 〓 リリック・オペラの次期音楽監督にエンリケ・マッツォーラ

  13. ロンドン発 〓 「グラモフォン賞」に新設された「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」にシアトル交響楽団

  14. エッセン発 〓 ドイツの老舗音楽月刊誌「フォノ・フォルム」廃刊へ

  15. ウィーン発 〓 ティーレマン、2024年からスカラ座の《ニーベルングの指環》を指揮

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。