訃報 〓 マリア・ユーイング(71)アメリカのメゾ・ソプラノ歌手

2022/01/12
【最終更新日】2023/02/06

ソプラノ、メゾ・ソプラノ歌手として活躍したマリア・ユーイング(Maria Ewing)が1月9日、生まれ故郷の米国デトロイトで亡くなった。71歳だった。著名な歌劇場で活躍、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの創設者で演出家のピーター・ホールと一時期結婚しており、夫妻の娘はハリウッド女優のレベッカ・ホール。

ユーイングは1950年、デトロイトの生まれ。父親がスー族のネイティブ・アメリカン、母親はオランダ人という家庭で育ち、クリーブランドとニューヨークで声楽を学び、1973年にシカゴ郊外で行われている夏の音楽祭「ラヴィニア音楽祭」で歌手デビューを果たした。

メトロポリタン歌劇場デビューは1976年で、音楽監督のジェームズ・レヴァインに見出されてモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノを歌っている。以降、1997年のベルク《ヴォツェック》まで96回出演している。

1978年には英国グラインドボーン音楽祭に出演。そこでホールに出逢い、二人は1982年に結婚した。夫妻は1990年の離婚まで、《カルメン》や《フィガロの結婚》などで共演。1988年のロイヤル・オペラの《サロメ》では、ホールが希望しなかったにもかかわらず「7つのヴェールの踊り」をオール・ヌードで踊り、それが放送されて大きな話題を集めた。

ヨーロッパでの初舞台はスカラ座のドビュッシー《ペレアスとメリザンド》メリザンド役。他にカルメン、ドラベッラ、サロメ、マリーを持ち役にしており、1992年にはチョン・ミョンフン指揮のパリ国立オペラとの録音で《ムツェンスク郡のマクベス夫人》カテリーナ・イズマイロヴァ役を歌って貫禄を聴かせた。

1997年にオペラの舞台から引退。残された録音は多く、カール・ベーム指揮の《フィガロの結婚》、ベルナルト・ハイティンク指揮の《ドン・ジョヴァンニ》、レナード・バーンスタイン指揮のモーツァルトのレクイエム、クラウディオ・アバド指揮の《ペレアスとメリザンド》などがある。

写真:Royal Opera House / Clive Barda







関連記事

  1. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  2. 大阪発 〓 大フィルがクラウドファンディングで“朝比奈隆秘蔵スコア”のレプリカをリリース

  3. ベルリン発 〓 ドイツは4月19日までの公演をキャンセル、州立歌劇場の音楽祭「フェストターゲ」は中止

  4. プラハ発 〓 プラハ交響楽団の次期首席指揮者にトマーシュ・ネトピル

  5. 東京発 〓 新国立劇場が6月、7月の公演中止を発表

  6. デトロイト発 〓 デトロイト響の次期音楽監督にヤデル・ビニャミーニ

  7. シカゴ発 〓 シカゴ響が2022年1月の台湾、中国、日本ツアーの中止を発表

  8. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスで第3回「オーパス・クラシック」の授賞式

  9. ベルゲン発 〓 指揮者のエドワード・ガードナーがベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団との契約を延長

  10. リヴィウ発 〓 指揮者オクサーナ・リーニフが結婚

  11. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  12. ロンドン発 〓 英国の音楽家予約サイトの調査で「音楽を辞めることを考えている」64%

  13. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ラハティ発 〓 指揮者のオスモ・ヴァンスカが骨折事故を乗り越え、車椅子で現場復帰へ

  15. パリ発 〓 アラーニャが途中降板、パリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。