訃報 〓 マリア・ユーイング, アメリカのメゾ・ソプラノ歌手

2022/01/12

ソプラノ、メゾ・ソプラノ歌手として活躍したマリア・ユーイング(Maria Ewing)が1月9日、生まれ故郷の米国デトロイトで亡くなった。71歳だった。著名な歌劇場で活躍、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの創設者で演出家のピーター・ホールと一時期結婚しており、夫妻の娘はハリウッド女優のレベッカ・ホール。

ユーイングは1950年、デトロイトの生まれ。父親がスー族のネイティブ・アメリカン、母親はオランダ人という家庭で育ち、クリーブランドとニューヨークで声楽を学び、1973年にシカゴ郊外で行われている夏の音楽祭「ラヴィニア音楽祭」で歌手デビューを果たした。

メトロポリタン歌劇場デビューは1976年で、音楽監督のジェームズ・レヴァインに見出されてモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノを歌っている。以降、1997年のベルク《ヴォツェック》まで96回出演している。

1978年には英国グラインドボーン音楽祭に出演。そこでホールに出逢い、二人は1982年に結婚した。夫妻は1990年の離婚まで、《カルメン》や《フィガロの結婚》などで共演。1988年のロイヤル・オペラの《サロメ》では、ホールが希望しなかったにもかかわらず「7つのヴェールの踊り」をオール・ヌードで踊り、それが放送されて大きな話題を集めた。

ヨーロッパでの初舞台はスカラ座のドビュッシー《ペレアスとメリザンド》メリザンド役。他にカルメン、ドラベッラ、サロメ、マリーを持ち役にしており、1992年にはチョン・ミョンフン指揮のパリ国立オペラとの録音で《ムツェンスク郡のマクベス夫人》カテリーナ・イズマイロヴァ役を歌って貫禄を聴かせた。

1997年にオペラの舞台から引退。残された録音は多く、カール・ベーム指揮の《フィガロの結婚》、ベルナルト・ハイティンク指揮の《ドン・ジョヴァンニ》、レナード・バーンスタイン指揮のモーツァルトのレクイエム、クラウディオ・アバド指揮の《ペレアスとメリザンド》などがある。

写真:Royal Opera House / Clive Barda







関連記事

  1. バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

  2. ロンドン発 〓 ヴァイオリンのコリーヌ・シャペユがクラウド・ファウンディングによる支援を呼びかけ、自身のがん治療で

  3. ミュンヘン発 〓 ソプラノのディアナ・ダムラウに「ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章」

  4. ベルリン発 〓 首席フルートのマチュー・デュフォーがベルリン・フィルを退団

  5. ハレ発 〓 ヘンデルの生地ハレのヘンデル音楽祭も開催断念

  6. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が5月の「マーラー・フェスティバル」を2023年に延期

  7. ロイトリンゲン発 〓 ヴュルテンベルク・フィルの首席指揮者にアリアーヌ・マティアク

  8. ヴィリニュス発 〓 リトアニア国立オペラ・バレエ閉鎖へ、総監督の新型コロナ感染で

  9. モントリオール発 〓 テノールのベン・ヘップナーがラジオのパーソナリティーからの“卒業”を表明、メディア・プレゼンターに転身

  10. ラス・パルマス発 〓 グラン・カナリア・フィルが首席指揮者のカレル・マーク・チチョンとの契約を延長

  11. ロンドン発 〓 フィルハーモニア管の次期首席指揮者にサントゥ=マティアス・ロウヴァリ

  12. 訃報 〓 ビセルカ・ツヴェイチ, セルビアのメゾ・ソプラノ歌手

  13. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  15. 東京発 〓 第32回「高松宮殿下記念世界文化賞」、音楽部門はチェロのヨーヨー・マ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。