バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭が総監督カタリーナ・ワグナーの長期療養を発表

2020/04/28

ワーグナーの作品の上演を行っているドイツ・バイロイト音楽祭が総監督を務めるカタリーナ・ワーグナー(Katharina Wagner)の長期療養を発表した。病名、期間については公表されていない。

カタリーナは現在、41歳。戦後の音楽祭を引っ張ってきたヴォルフガング・ワーグナーの2人目の妻の娘で、作曲家リヒャルト・ワーグナーのひ孫に当たる。

2008年から異母姉妹であるエヴァ・ワーグナー=パスキエ(Eva Wagner-Pasquier)と一緒に音楽祭の運営を引き継いだが、2015年からは単独で音楽祭の総監督を務めている。任期は今年に入って2025年まで延長されている。

音楽祭は今年、新演出による《ニーベルングの指環》の上演が始まる予定だったが、新しい新型コロナウイルスの感染拡大を受けて音楽祭自体が中止された。総監督の業務は当面、営業部門を率いていたハインツ・ディーター・センスが引き継ぐという。

写真:Bayreuther Festspiele / imago / Peter Kolb

関連記事

  1. ドレスデン発 〓 ザクセン州立オペラが昨年秋公開の《魔笛》をストリーミング

  2. マドリッド発 〓 テアトロ・レアルが新制作のプッチーニ《トスカ》をストリーミング配信

  3. ミュンヘン発 〓 2021年の「ゲーテ・メダル」が作曲家の細川俊夫らに

  4. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ5月音楽祭も中止

  5. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  6. 訃報 〓 カミル・マリネスク, ルーマニアの指揮者

  7. ザルツブルク発 〓 ハイティンクがウィーン・フィルの名誉会員に

  8. ブリスベン発 〓 オペラ・オーストラリアが上演を延期していた新制作の《ニーベルングの指環》4部作の通し上演を10月に

  9. ヒューストン発 〓 ヒューストン交響楽団の次期音楽監督にスロヴァキアの指揮者ユライ・ヴァルチュハ

  10. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇場がモーツァルト《皇帝ティートの慈悲》の新作をライブ・ストリーミング

  11. ロサンゼルス発 〓 Netflixがバーンスタインを描いた映画『Bernstein』の製作に参加

  12. ベルリン発 〓 ベンゲロフがストリーミング・サービスを開始

  13. アムステルダム発 〓 エド・デ・ワールトに改めて「副指揮者」の称号

  14. 訃報 〓 ケルスティン・マイヤー, スウェーデンのメゾ・ソプラノ歌手

  15. ロサンゼルス発 〓 ドミンゴがロサンゼルス・オペラの総監督を辞任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。