訃報 〓 チャールズ・ウォリネン, 米国の作曲家

2020/03/15

米国の作曲家チャールズ・ウォリネン(Charles Wuorinen)が3月11日、マンハッタンの病院で亡くなった。81歳だった。昨年9月に転倒して入院、合併症を発症して亡くなったという。

ニューヨークを拠点に活動してきた作曲家で、オペラ、オーケストラ、室内楽、ソロの楽器やボーカルの作品など270を超える作品を作曲している。32歳だった1970年、電子音楽《Time’s Encomium》でピュリッツァー賞を受賞している。2017年まで最年少受賞者だった。

初期のスタイルは、シェーンベルクやバビットなどの作家による十二音論やシリアリズムの影響を受けている。その後、米国東海岸で台頭した無調音楽の技法「ピッチ・クラス・セット理論」を主導した「コロンビア楽派」のリーダー的存在となり、「シンプル・コンポジション」の著書もある。

旺盛な作曲活動で知られ、同性愛者のカウボーイを描いた小説で、映画化された「ブロークバック・マウンテン」を基にしたオペラを作曲、2014年にマドリッドのテアトロ・レアルで初演されている。

コロンビア大学やマンハッタン音楽学校などの教員も務めていた。

写真:charleswuorinen.com / Nina Roberts


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. モスクワ発 〓 ネトレプコが新型コロナ感染を明らかに、Instagramへの投稿で

  2. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2020/2021シーズンをキャンセル

  3. 東京発 〓 新国立劇場がオペラの芸術監督の大野和士との契約を延長

  4. グシュタード発 〓 メニューイン音楽祭が中止を発表

  5. ウィーン発 〓 作曲家のオルガ・ノイヴィルトにオーストリア政府が科学・芸術名誉十字章

  6. ウィーン発 〓 指揮者のマルコ・アルミリアートが国立歌劇場の名誉会員に

  7. パリ発 〓 ゼネスト、パリ国立オペラを直撃

  8. ベオグラード発 〓 準・メルクルの投稿、思わぬ波紋

  9. ボストン発 〓 ボストン響がレイオフに続き、平均37%の報酬カット

  10. リエージュ発 〓 ワロン王立歌劇場が「Opera at Home」というストリーミング配信をスタート

  11. コッレッジョ発 〓 レオ・ヌッチが引退を“宣言”

  12. ザールブリュッケン発 〓 指揮者のインキネンがザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルとの契約を延長

  13. ドレスデン発 〓 ティーレマンがカール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学の名誉教授に

  14. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが11月の米国ツアー中止を発表

  15. ニューヨーク発 〓 映画『The Song of Names』、北米での公開始まる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。