訃報 〓 デール・クレヴェンジャー, 米国のホルン奏者

2022/02/01

米国のシカゴ交響楽団の首席ホルン奏者を長く務め、「ホルンの神様」と呼ばれたデール・クレヴェンジャー(Dale Clevenger)が1月5日にイタリアで亡くなった。家族の発表によると、ワルデンストレーム病の合併症で亡くなったという。81歳だった。

1940年、テネシー州チャタヌーガの生まれ。チャタヌーガオペラ協会の会長を務める父の下、11歳でトランペットを始め、13歳でホルンに転身。アーノルド・ジェイコブスとアドルフ・ハーセスに学ぶかたわら、ピッツバーグのカーネギーメロン大学で美術を学んでいる。

卒業後、カンザス・シティ・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者。その後、レオポルド・ストコフスキーが率いたアメリカ交響楽団、NBC交響楽団の後継団体であるシンフォニー・オブ・ジ・エアを経て、1966年に音楽監督のジャン・マルティノンに招かれてシカゴ交響楽団に移籍、2013年に退任するまで50年近く首席奏者を務めた。

ダニエル・バレンボイムが音楽監督を務めていた2000年に録音されたリヒャルト・シュトラウスの管楽器のための協奏曲集の録音でホルン協奏曲第1番などを担当、アルバムはグラミー賞を受賞している。また、 1993年にはジョン・ウィリアムズのホルンとオーケストラのための協奏曲の世界初演を手掛けている。

その一方、指揮者としての活動もスタート。1981年から1995年までエルムハースト交響楽団の音楽監督を務めた他、シカゴ市民オーケストラ、西オーストラリア交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、ルーズヴェルト大学交響楽団などに客演している。

また、後進の指導にも熱心で、ノースウェスタン大学、ルーズベルト大学、インディアナ大学のジェイコブズ音楽院などで教壇に立ち、サンタフェ室内楽音楽祭、マロウストーン音楽祭、日本のアフィニス音楽祭といった教育音楽祭で指導に当たった。

写真:Chicago Symphony Orchestra


関連記事

  1. 訃報 〓 ニクサ・バレザ, クロアチアの指揮者

  2. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがロシアの指揮者パベル・ソロキンとの契約を破棄

  3. ブエノスアイレス発 〓 南米も公演キャンセル広がる、新型コロナウイルスの感染拡大で

  4. ミュンヘン発 〓 クリスティアン・ティーレマンがバイエルン放送交響楽団にデビュー

  5. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  6. クレモナ発 〓 ヴァイオリニストの横山令奈が地元の病院の屋上で世界に癒やしの調べ

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  8. 訃報 〓 エライジャ・モシンスキー, オーストラリアの演出家

  9. ウィーン発 〓 フルートのカレッドゥ、ウィーン・フィルの依頼を快諾

  10. ウィーン発 〓 話題の《ピーター・グライムズ》で国立歌劇場合唱団に19人の陽性反応、あわや上演中止の危機に

  11. ウィーン発 〓 楽友協会がウィーン・フィルのコンサート・スケジュールを発表

  12. ボストン発 〓 タングルウッド音楽祭も開催中止を発表

  13. ニース発 〓 ニース・オペラが新しい音楽監督にダニエレ・カッレガーリ

  14. 訃報 〓 セルゲイ・ドレンスキー, ロシアのピアニスト

  15. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が《椿姫》の新作を4月にストリーミング配信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。