サンディエゴ発 〓 サンディエゴ交響楽団の新しい本拠地「レイディ・シェル」がオープン

2021/08/12

米国のサンディエゴ交響楽団(San Diego Symphony)の本拠地ともなる野外ホール「レイディ・シェル」が8月6日に開場した。

オープニング・コンサートは音楽監督を務めるラファエル・パヤーレが指揮台に立ち、パヤーレの妻でチェリストのアリサ・ワイラーシュタイン、ピアノのジャン=イヴ・ティボーデが出演した。

サンディエゴのベイ・エリアにオープンした「レイディ・シェル」は貝殻の中にステージが設けられたようなデザインで、総工費8500万ドル(約93億円)。サンディエゴ交響楽団の公演を含めて年間100公演が行われる予定で、エンターテーメントの一大拠点となることも期待されている。

雨が少ない西海岸らしいコンセプトで、客席の収容人員は1万人。食事を楽しみながら出し物を楽しめるテーブル席なども備え、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団にとってのハリウッド・ボウル的な存在。

サンディエゴ交響楽団は1910年の創設で、ベネズエラ出身のパヤーレが2019/2020シーズンから音楽監督を務めている。

写真:San Diego Symphony


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ローマ発 〓 劇場の閉鎖など、イタリア全土で4月3日まで継続

  2. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  3. 東京発 〓 2020年東京五輪・パラリンピックの公式文化プログラム、ドミンゴの代役決まる

  4. ミラノ発 〓 マニュエル・ルグリがスカラ座バレエ団の芸術監督に

  5. ウィーン発 〓 ジョン・ウィリアムズ、3月にウィーン・フィルと再びコンサート

  6. ハノーファー発 〓 州立オペラが新制作の《フィガロの結婚》を1月20日からストリーミング配信

  7. デュッセルドルフ発 〓 アダム・フィッシャーがデュッセルドルフ響との契約延長

  8. 訃報 〓 アレクサンドル・ヴスティン, ロシアの作曲家

  9. プラハ発 〓 プラハ国立歌劇場がリニューアル・オープン

  10. ベルリン発 〓 ドイツは4月19日までの公演をキャンセル、州立歌劇場の音楽祭「フェストターゲ」は中止

  11. ロサンゼルス発 〓 Netflixがバーンスタインを描いた映画『Bernstein』の製作に参加

  12. 訃報 〓 デール・クレヴェンジャー, 米国のホルン奏者

  13. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. 東京発 〓 久石譲が新作交響曲を自ら世界初演、創立50周年を迎える新日本フィルの2021/2022シーズンのオープニング・コンサートで

  15. ヒューストン発 〓 ヒューストン・グランド・オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。