ピアチェンツァ発 〓 市立劇場が5月16日の再開場を発表、ドミンゴ、ムーティの出演続く

2021/05/06

イタリアのピアチェンツァ市立劇場(Teatro Municipale di Piacenza)が5月16日の再開場を発表した。初日の16日はプラシド・ドミンゴの指揮でヴェルディのレクイエムを演奏、新型コロナウイルスの犠牲者に捧げる。

ドミンゴが劇場に登場するのは、歌手として《ルチア》に出演した1972年以来。歌手陣はマリア・ホセ・シーリ、アンナリーサ・ストロッパ、アントニオ・ポーリ、ミケーレ・ペルトゥージで、公演は劇場の公式サイトでストリーミング配信される。

続いて、5月28日、29日にはリッカルド・ムーティ率いるルイージ・ケルビーニ・ジョヴァニーレ管弦楽団が登場。ドニゼッティ《ドン・パスクワーレ》序曲、ドボルザークの交響曲第9番を取り上げる。

また、7月30日、8月1日には、プッチーニ《トスカ》を上演する。ジョルジア・グエッラ演出のプロダクションで、トスカにキアーラ・イゾットンを起用。フランチェスコ・メーリ、ルカ・サルシが共演する。

写真:Teatro Municipale di Piacenza / DelPapa Mauro


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ交響楽団との契約を延長

  2. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルがオンライン音楽祭「ウィンターメッツォ」をスタート

  3. ワルシャワ発 〓 第18回「ショパン国際ピアノ・コンクール」予備予選の開催延期

  4. モスクワ発 〓 ユロフスキがスヴェトラーノフ記念ロシア国立響の芸術監督兼首席指揮者を退任、名誉指揮者に

  5. フィラデルフィア発 〓 演奏前に楽団員が同僚に“客前プロポーズ”

  6. 訃報 〓 イヴォ・マレク, フランスの作曲家

  7. 福岡発 〓 九州交響楽団が音楽監督の小泉和裕との契約を延長

  8. 訃報 〓 ジョセフ・ブルバ, チェコ出身のピアニスト

  9. アスペン発 〓 アスペン音楽祭、グリマーグラス・フェスティバルも中止

  10. ミラノ発 〓 スカラ座が音楽監督のリッカルド・シャイーとの契約を延長

  11. ニューヨーク発 〓 映画『The Song of Names』、北米での公開始まる

  12. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウが8日からネット上で「マーラー・フェスティバル」

  13. ロッシーニ・オペラ・フェスティバル 〓 来年の公演ラインナップを発表

  14. トリノ発 〓 RAI国立交響楽団の首席客演指揮者にロバート・トレヴィーノ

  15. パリ発 〓 「France Musique」が年末年始、パリ国立オペラによるワーグナー《ニーベルングの指環》4部作をストリーミング配信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。