ハノーファー発 〓 州立劇場の次期音楽総監督にステファン・ジリアス

2020/02/23

ハノーファー州立劇場(Staatstheater Hannover)の次期音楽総監督(GMD)に、ステファン・ジリアス(Stephan Zilias)が起用されることになった。イヴァン・レプシッチ(Ivan Repušić)の後任で、任期は2020/2021シーズンから。レプシッチは2016年から音楽総監督を務め、2018/2019シーズン終了をもって離任しており、2019/2020シーズンは音楽総監督不在が続く。ジリアスは現在、ベルリン・ドイツ・オペラの常任指揮者の一人として活動している。

写真:Staatstheater Hannover

関連記事

  1. サンタフェ発 〓 サンタフェ・オペラが開催中止を発表

  2. ヴェッセルビューレン発 〓 五嶋みどりに「ブラームス賞」

  3. クリーブランド発 〓 空席のコンサートマスターのポジションめぐり、クリーブランド管弦楽団がオーディション

  4. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ワルシャワ発 〓 第18回ショパン国際ピアノ・コンクールは来年開催へ

  6. 札幌 〓 PMF札幌2020が開催を断念

  7. ベルン発 〓 スイスは1,000人以上のイベントを禁止、新型コロナウイルスの感染拡大で

  8. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  9. モスクワ発 〓 ユロフスキがスヴェトラーノフ記念ロシア国立交響楽団との契約を延長

  10. テルアビブ発 〓 2020年の「オペラリア」はテルアビブで開催

  11. バニング発 〓 アナログ・レコード人気に打撃、ラッカー盤製造メーカーの工場が全焼

  12. ワルシャワ発 〓 第18回「ショパン国際ピアノ・コンクール」予備予選の開催延期

  13. テルアビブ発 〓 トーマス・ハンプソンもイスラエルに入国できず、そのまま帰国

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、ハーディングの代役にコンロン

  15. ブエノスアイレス発 〓 南米も公演キャンセル広がる、新型コロナウイルスの感染拡大で

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。