ハノーファー発 〓 州立劇場の次期音楽総監督にステファン・ジリアス

2020/02/23
【最終更新日】2022/01/21

ハノーファー州立劇場(Staatstheater Hannover)の次期音楽総監督(GMD)に、ステファン・ジリアス(Stephan Zilias)が起用されることになった。イヴァン・レプシッチ(Ivan Repušić)の後任で、任期は2020/2021シーズンから。

レプシッチは2016年から音楽総監督を務め、2018/2019シーズン終了をもって離任しており、2019/2020シーズンは音楽総監督不在が続く。ジリアスは現在、ベルリン・ドイツ・オペラの常任指揮者の一人として活動している。

写真:Staatstheater Hannover

関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルがコンサート形式による《マゼッパ》をストリーミング配信

  2. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウ管が26日から活動再開

  3. ザルツブルク発 〓 ティーレマンがバッハラーに“宣戦布告”

  4. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが総裁二人に名誉会員の称号

  5. ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレも中止を発表

  6. 訃報 〓 マディ・メスプレ, フランスのソプラノ歌手

  7. 台北発 〓 インバルが台北市立響と契約更改、2025年まで任期を延長

  8. 東京発 〓 第31回「高松宮殿下記念世界文化賞」音楽部門はアンネ=ゾフィー・ムター

  9. ダルムシュタット発 〓 州立劇場が音楽総監督のダニエル・コーエンとの契約を延長

  10. ボゴタ発 〓 コロンビア大統領が劇場閉鎖などは6月からさらに18か月間必要と発言

  11. クアラルンプール発 〓 マレーシア・フィルの音楽監督に準・メルクル

  12. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第4週のストリーミング配信のラインナップを発表

  14. モスクワ発 〓 ユロフスキがスヴェトラーノフ記念ロシア国立響の芸術監督兼首席指揮者を退任、名誉指揮者に

  15. ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。