訃報 〓 ナイジェル・ロジャース(86)英国のテノール歌手

2022/01/25
【最終更新日】2023/02/06

英国のテノール歌手ナイジェル・ロジャース(Nigel Rogers)が1月19日に亡くなった。86歳だった。声楽における古楽演奏の先駆者の一人で、中世からバロックまでの作品の歌唱法と自然な発声法によって、音楽の解釈を変えたとされる。

1935年、英国シュロップシャー州ウェリントンの生まれ。ケンブリッジ大学のキングス・カレッジで学んだ後、ローマ、ミラノで学び、その後、ミュンヘン音楽大学で著名なバリトン歌手ゲルハルト・ヒュッシュに師事した。

ミュンヘン時代の1960年、トーマス・ビンクリー、スターリング・ジョーンズ、アンドレア・フォン・ラムと中世音楽を活動の中心に据えた「ミュンヘン古楽スタジオ」の起ち上げに加わった。ロジャースが加わった11タイトルの録音の中でも、1966年にリリースされたダウランドのアルバムは高い評価を受けた。

その後、古楽演奏のパイオニアの一人として、グスタフ・レオンハルト、ニコラウス・アーノンクール、ユルゲン・ユルゲンス、デイヴィッド・マンロウ、クリストファー・ホグウッドらとの共演や録音を重ねた。ユルゲンス指揮のモンテヴェルディのオペラ《オルフェオ》、アーノンクール指揮のマタイ受難曲の録音でもテノールを担当している。

また、1978年からロンドンの王立音楽大学の古楽歌唱の教授に就任。1979年にはイタリアのバロック音楽演奏のための声楽アンサンブル「キアロスクーロ」を設立している。1993年に教授を退任した後も、数多くの歌唱マスタークラスやワークショップを開催して数多くの後進を育てた。

写真:BBC


関連記事

  1. トゥールーズ発 〓 キャピトル劇場が新シーズン、2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  2. モスクワ発 〓 プーチン大統領がゲルギエフに対し、ボリショイ、マリインスキーの両方を統括するポストを打診

  3. フィレンツェ発 〓 新型コロナウイルスの感染拡大めぐり、チョン・ミョンフンも降板

  4. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場の新シーズンは9月開幕、ネトレプコ出演の《ドン・カルロ》で

  5. ノヴァーラ発 〓 復活した「カンテルリ国際指揮者コンクール」で、中国系ニュージーランド人の吕天贻が優勝

  6. リエージュ発 〓 ワロン王立オペラが次期音楽監督にジャンパオロ・ビサンティ

  7. 訃報 〓 ヤン・クレンツ(96)ポーランドの指揮者・作曲家

  8. リンツ発 〓 リンツ・ブルックナー管弦楽団の首席客演指揮者にリトアニア出身の若手女流指揮者ギールデ・シュレカイテ

  9. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールがゲルギエフに“追加制裁”、5月のマリインスキー管との公演もキャンセル

  11. ウィーン発 〓 アンドレス・オロスコ=エストラーダがウィーン響の首席指揮者を突然辞任

  12. パリ発 〓 トーマス・ヘンゲルブロックがパリ室内管の音楽監督に

  13. 東京発 〓 新国立劇場の無料ストリーミング「巣ごもりシアター」が第2弾のラインナップを発表

  14. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  15. クラスノヤルスク発 〓 トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール、1位はドガーディン、2位に北川

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。