カーディフ発 〓 指揮者のトーマス・ハヌスがウェールズ・ナショナル・オペラとの契約を延長

2020/02/01

指揮者のトーマス・ハヌス(Tomas Hanus)がウェールズ・ナショナル・オペラ(Welsh National Opera)との契約を延長した。ハヌスは2016/2017シーズンから音楽監督を務めており、契約延長で任期は2026まで伸びる。ウェールズ・ナショナル・オペラは首都カーディフが本拠地。設立は1943年で、本拠地の公演だけでなく、英国内を巡回するオペラ・カンパニーとして知られる。昨年まで演出家のデービッド パウントニーが芸術監督を務めていた。

ハヌスは1970年、チェコ・ブルノの生まれ。ブルノのヤナーチェク音楽・演劇アカデミーで指揮をイルジー・ビエロフラーヴェクから学び、1999年にカトヴィツェで開催された国際指揮者コンクールで優勝。2001年にプラハ国立歌劇場にオペラ指揮者としてデビューした。その後、ヨーロッパ各地の歌劇場に客演を重ね、2007年から2009年までブルノ国立歌劇場の音楽監督を務めた。

写真:Prague Spring / Ivan Malý


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. ハレ発 〓 ヘンデルの生地ハレのヘンデル音楽祭も開催断念

  2. ブリスベン発 〓 「オペラ・オーストラリア」が新しい“リング”チクルス

  3. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  4. マプト発 〓 女性オーボエ奏者がモザンビークの文化観光大臣に

  5. ロンドン発 〓 置き忘れたヴァイオリン、スティーブン・モリスに戻る

  6. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  7. 香港発 〓 指揮者のズヴェーデンが香港フィルとの契約を延長

  8. ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

  9. ローマ発 〓 ローマ歌劇場がストリーミング配信のラインナップを発表

  10. 訃報 〓 マディ・メスプレ, フランスのソプラノ歌手

  11. 北京発 〓 フィラデルフィア管が中国国際音楽コンクールのレジデント・オーケストラに

  12. ボストン発 〓 ボストン響が年内の公演を断念

  13. ガーシントン・オペラ 〓 9月にセミ・ステージ形式で《フィデリオ》

  14. モスクワ発 〓 ヴァイオリニストのアナスタシア・チェボタリョーワが逮捕 !?

  15. バーミンガム発 〓 バーミンガム市響が無料で5,000席を提供、国民保健サービス関係者向けに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。