カーディフ発 〓 指揮者のトーマス・ハヌスがウェールズ・ナショナル・オペラとの契約を延長

2020/02/01

指揮者のトーマス・ハヌス(Tomas Hanus)がウェールズ・ナショナル・オペラ(Welsh National Opera)との契約を延長した。ハヌスは2016/2017シーズンから音楽監督を務めており、契約延長で任期は2026まで伸びる。ウェールズ・ナショナル・オペラは首都カーディフが本拠地。設立は1943年で、本拠地の公演だけでなく、英国内を巡回するオペラ・カンパニーとして知られる。昨年まで演出家のデービッド パウントニーが芸術監督を務めていた。

ハヌスは1970年、チェコ・ブルノの生まれ。ブルノのヤナーチェク音楽・演劇アカデミーで指揮をイルジー・ビエロフラーヴェクから学び、1999年にカトヴィツェで開催された国際指揮者コンクールで優勝。2001年にプラハ国立歌劇場にオペラ指揮者としてデビューした。その後、ヨーロッパ各地の歌劇場に客演を重ね、2007年から2009年までブルノ国立歌劇場の音楽監督を務めた。

写真:Prague Spring / Ivan Malý


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. ロサンゼルス発 〓 2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  2. 訃報 〓 ヘルムート・ヴィンシャーマン, ドイツの指揮者・オーボエ奏者

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラがオリジナル・レーベル起ち上げ

  4. ナッシュビル発 〓 ナッシュビル響が来シーズンをキャンセル

  5. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で、岡本誠司が優勝

  7. マリアーンスケー・ラーズニェ発 〓 “指揮者”ラデク・バボラークが西ボヘミア交響楽団の首席指揮者に

  8. サンタンデール発 〓 スペインの音楽祭は8月催行へ

  9. マチェラータ発 〓 スフェリステリオ音楽祭が開催決定

  10. ルクセンブルク発 〓 指揮者のグスターボ・ヒメノがルクセンブルク・フィルとの契約を延長

  11. ロンドン発 〓 英国はイングランドでロックダウン、劇場も閉鎖

  12. シュトゥットガルト発 〓 シュトゥットガルト州立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  13. リガ発 〓 マルタン・エングストロームがラトビアに新しい音楽祭を創設

  14. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が《椿姫》の新作を4月にストリーミング配信

  15. バニング発 〓 アナログ・レコード人気に打撃、ラッカー盤製造メーカーの工場が全焼

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。