カーディフ発 〓 指揮者のトーマス・ハヌスがウェールズ・ナショナル・オペラとの契約を延長

2020/02/01

指揮者のトーマス・ハヌス(Tomas Hanus)がウェールズ・ナショナル・オペラ(Welsh National Opera)との契約を延長した。ハヌスは2016/2017シーズンから音楽監督を務めており、契約延長で任期は2026まで伸びる。ウェールズ・ナショナル・オペラは首都カーディフが本拠地。設立は1943年で、本拠地の公演だけでなく、英国内を巡回するオペラ・カンパニーとして知られる。昨年まで演出家のデービッド パウントニーが芸術監督を務めていた。

ハヌスは1970年、チェコ・ブルノの生まれ。ブルノのヤナーチェク音楽・演劇アカデミーで指揮をイルジー・ビエロフラーヴェクから学び、1999年にカトヴィツェで開催された国際指揮者コンクールで優勝。2001年にプラハ国立歌劇場にオペラ指揮者としてデビューした。その後、ヨーロッパ各地の歌劇場に客演を重ね、2007年から2009年までブルノ国立歌劇場の音楽監督を務めた。

写真:Prague Spring / Ivan Malý


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. フィレンツェ発 〓 ジェームズ・レヴァインの現場復帰がお預けに

  2. モスクワ発 〓 ネトレプコが新型コロナ感染を明らかに、Instagramへの投稿で

  3. 訃報 〓 マーティン・ロヴェット, 英国のチェロ奏者・アマデウス弦楽四重奏団のメンバー

  4. ニューヨーク発 〓 モーストリー・モーツァルト・フェスティバルも開催中止

  5. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  6. グラナダ発 〓 ルーカス・マシアス=ナバロがグラナダ市管の芸術監督に

  7. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

  8. 札幌発 〓 指揮者のマティアス・バーメルトが札響との契約を延長

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  10. ウィーン発 〓 来年1月の《ナブッコ》で、ドミンゴが国立歌劇場にお別れ

  11. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが今シーズンの公演をすべてキャンセル

  12. ブカレスト発 〓 国立歌劇場のスタッフが新型コロナウイルスに感染、当面の公演をキャンセル

  13. 訃報 〓 ネッロ・サンティ, イタリアの指揮者

  14. ノールショピング発 〓 ノールショピング交響楽団の首席指揮者兼芸術顧問にカール・ハインツ・シュテフェンス

  15. ブランデンブルク・アン・デア・ハーフェル発 〓 ブランデンブルク響の首席指揮者にオリヴィエ・タルディ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。