大津発 〓 沼尻竜典が2023年で「びわ湖ホール」芸術監督を退任、バトンは阪哲朗に

2021/04/03

滋賀県の「びわ湖ホール」が芸術監督を務める沼尻竜典との契約を延長したことを発表した。任期は1年延長され、2023年3月までとなる。2023年4月からは指揮者の阪哲朗が3代目の芸術監督に就任する予定で、それに先立ち、この4月から芸術参与に就任することも発表された。

沼尻は東京生まれの56歳。1990年のフランス・ブザンソン国際指揮者コンクール優勝後、海外のさまざまなオーケストラを指揮。ドイツのリューベック歌劇場の音楽総監督などを経て、2007年に「びわ湖ホール」の芸術監督に就任した。任期最後の2023年3月の《ニュルンベルクのマイスタージンガー》の上演が実現すると、在任16年で習作期を除くワーグナーのオペラ全10作品上演を達成する。

「びわ湖ホール」での仕事では、2016年に自作のオペラ《竹取物語》の上演で、2017年に《ラインの黄金》、《ノルマ》で、2019年には《ジークフリート》が三菱UFJ信託音楽賞受賞や文化庁芸術祭優秀賞といった賞を受賞。2020年には大阪《神々の黄昏》が菊池寛賞、ミュージック・ペンクラブ音楽賞受賞を授賞した。

阪は京都市生まれの53歳。1995年のブザンソン国際指揮者コンクール優勝後、ドイツのレーゲンスブルクの歌劇場の音楽総監督などヨーロッパの歌劇場でキャリアを積み、2019年4月から山形交響楽団の常任指揮者。2004年に演奏会形式で上演されたメノッティのオペラ《アマールと夜の訪問者》で「びわ湖ホール」に初登板。今年1月にも《魔笛》の公演を指揮している。

写真:Yusuke Takamura


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ストックホルム発 〓 ピアノのイゴール・レヴィットがノーベル賞の授賞式で演奏

  2. パリ発 〓 フランス国立管弦楽団のソロ・フルート奏者にシルビア・カレッドゥ

  3. 訃報 〓 ハンス・ツェンダー, ドイツの指揮者・作曲家

  4. ブリュッセル発 〓 NHK交響楽団のヨーロッパ・ツアーが終了

  5. ザールブリュッケン発 〓 マックス・オフュルス映画祭の音楽賞にダーシャ・ダウエンハウアー

  6. アムステルダム発 〓 イヴァン・フィッシャーがロイヤル・コンセルトヘボウ管の名誉指揮者に

  7. パリ発 〓 アラーニャが途中降板、パリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で

  8. ミュンヘン発 〓 青木尚佳がミュンヘン・フィルのコンサートマスターに

  9. 訃報 〓 パウル・バドゥラ=スコダ, オーストリアのピアニスト

  10. ローマ発 〓 カウフマンが新たに《オテロ》を録音

  11. テルアビブ発 〓 トーマス・ハンプソンもイスラエルに入国できず、そのまま帰国

  12. タリン発 〓 エストニア国立響の次期音楽監督にオラリー・エルツ

  13. 東京発 〓 東京交響楽団が先陣切って公演再開へ

  14. ウィーン発 〓 オーストリア政府がロックダウンを24日まで延長

  15. クリーブランド発 〓 空席のコンサートマスターのポジションめぐり、クリーブランド管弦楽団がオーディション

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。