訃報 〓 ジョナサン・ミラー, 英国の演出家

2019/11/28

オペラの演出家として一時代を築いたジョナサン・ミラー(Jonathan Miller)が11月27日、85歳で亡くなった。1960年代から演劇の世界で活躍。オペラの演出では、イングリッシュ・ナショナル・オペラの《リゴレット》や《ミカド》は画期的なヒット作となり、20年にわたって上演されたロイヤル・オペラ・ハウスの《コジ・ファン・トゥッテ》 など、ヨーロッパの主要な歌劇場で多くの名舞台を生んだ。

ミラーは1934年、ロンドンの生まれ。ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジ、ロンドンのユニバーシティ・カレッジ付属病院で学んで神経内科医となる。しかし、大学在学中から演劇サークルで喜劇役者、脚本家として活動を始めており、医師としての活動を止めて芝居の世界へ。1960年代初めから“ビヨンド・ザ・フリンジ”の一人として一員として活動して注目を集めた。

1970年にはロンドンのナショナル・シアターで、名優ローレンス・オリヴィエが主演した「ヴェニスの商人』を演出。また、BBCのテレビ・シリーズの監修を手掛けるなど、シェイクスピアの作品で高い評価を得た。その後、オペラの世界での活躍が増え、演出の他、作家、講師、テレビプロデューサー、司会者など幅広い分野で国際的に活躍した。

写真:Medical Journalists’ Association

関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 ラトルが《薔薇の騎士》で1日だけ代役を依頼

  2. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  3. ロンドン発 〓 ロイヤル・バレエのリアム・スカーレットにセクハラ疑惑?

  4. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  6. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が「アワード2020」を発表

  7. グラインドボーン音楽祭 〓 総監督のセバスチャン・シュワルツが辞任

  8. グラインドボーン音楽祭 〓 2021年の公演ラインナップを発表

  9. 訃報 〓 ルーゼン・グネス, トルコ出身のヴィオラ奏者

  10. バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

  11. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  12. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  13. プラハ発 〓 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターに26歳の女性

  14. ロンドン発 〓 英国のロイヤル・オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ロンドン発 〓 ターフェルが足首を骨折、当面の出演をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。