リガ発 〓 「オペラ・ヴィジョン」がラトビア国立歌劇場の《さまよえるオランダ人》を配信

2018/09/26
【最終更新日】2021/11/27

ヨーロッパ各地のオペラ、バレエ公演の配信を行う「オペラ・ヴィジョン=Opera Vision」で、ラトビア国立歌劇場のワーグナー《さまよえるオランダ人》が配信される。

配信は中央ヨーロッパ時間「CET」28日午後6時から(日本時間29日午前2時から)。当日だけでなく、3月27日までは繰り返し見ることが可能。9月は続いて30日、ベルリンのコーミッシェ・オーパーのコルンゴルト《死の都》も配信される。

「オペラ・ヴィジョン」は欧州連合(EU)のクリエイティブ・ヨーロッパ・プログラムの支援を受けた配信のためのプラットフォーム。「オペラ・ヨーロッパ」に加盟する17カ国から29の歌劇場や音楽祭が所属している。

写真:Latvian National Opera / Reinis Hofmanis


    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. リガ発 〓 エギルス・シリンスがラトビア国立オペラの総監督に

  2. リガ発 〓 2022年の「オペラリア」はラトビア国立歌劇場で

  3. 訃報 〓 マリス・ヤンソンス, ラトビアの指揮者

  4. リガ・ユールマラ音楽祭 〓 ネルソンズがバイロイト祝祭管弦楽団を率いて登場、シカゴ交響楽団の代役で

  5. リガ発 〓 マルタン・エングストロームがラトビアに新しい音楽祭を創設

  6. リガ発 〓 リガ・ユールマラ音楽祭が中止を発表。ロシアのウクライナ武力侵攻、ゲルギエフ絡みで

  7. リガ発 〓 指揮者のカレル・マーク・チチョンがラトビア国籍を取得

  8. リガ・ユールマラ音楽祭 〓 藤田真央が急きょマリア・ジョアン・ピレシュの代役に

  9. リガ発 〓 リガ・ユールマラ音楽祭が2022年夏の公演ラインナップを発表、マリス・ヤンソンス音楽祭管弦楽団はクラウス・マケラが指揮

  10. リガ発 〓 ラトビア国立響の次期音楽監督兼芸術監督にフィンランドの若手タルモ・ペルトコスキ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。