グラフェネック音楽祭 〓 開幕コンサートの指揮台に佐渡裕、幕開けは細川俊夫の新作ファンファーレ、ヴェルディのレクイエムは急きょ“合唱なし”

2021/08/15

オーストリアのグラフェネック音楽祭(Grafenegg Festival)が8月13日に開幕した。音楽祭のレジデンス・オーケストラのウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団によるオープニング・コンサートの指揮台には音楽監督の佐渡裕が立ち、細川俊夫の新作《グラフェネックへのファンファーレ》の世界初演で幕を開けた。

細川は今年、音楽祭の「コンポーザー・イン・レジデンス」。音楽祭期間中にヴェロニカ・エーベルレをソリストに起用したヴァイオリン協奏曲《生成》のオーストリア初演が行われる他、クラングフォールム・ヴィーンによる《The Raven=大鴉=おおがらす》の上演が行われる。

コンサートの後半は、クラッシミラ・ストヤノヴァ、クレモンティーヌ・マルゲーヌ、ピョートル・ベチャワ、ルネ・パーペという豪華なソリスト陣が顔を揃えたヴェルディのレクイエム。しかし、こちらはウィーン楽友協会合唱団のメンバーに新型コロナウイルスの陽性反応が出て急きょ降板、合唱なしでの公演となった。

写真:Grafenegg Festival / Piotr Beczala


関連記事

  1. バイロイト・バロック 〓 音楽祭開幕、ポルポラのオペラ《カルロ・ディ・カルヴォ》で

  2. ブレゲンツ音楽祭 〓 2024年と2025年のオペラはウェーバー《魔弾の射手》

  3. ブレゲンツ音楽祭 〓 2022年の公演ラインナップを発表、湖上ステージの《蝶々夫人》以外に《アルジェのイタリア女》、《アルミーダ》、《シベリア》を上演

  4. ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」は史上初の無観客で

  5. ハダースフィールド現代音楽祭 〓 11月の音楽祭の中止を決定

  6. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場に初の女性コントラバス奏者

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場がスター歌手が着用した舞台衣装をネット・オークションに

  8. ドレスデン音楽祭 〓 総裁のヤン・フォグラーが音楽祭との契約を延長

  9. リガ・ユールマラ音楽祭 〓 ネルソンズがバイロイト祝祭管弦楽団を率いて登場、シカゴ交響楽団の代役で

  10. サヴォンリンナ発 〓 オペラ・フェスティバルが2021年夏の公演ラインナップを発表

  11. チューリヒ発 〓 チューリヒ芸術祭が財政難で終了へ

  12. セイジ・オザワ松本フェスティバル 〓 デュトワ指揮の無観客コンサートをストリーミング配信、音楽祭の中止受けて

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」は2022年も中止決まる、新型コロナの収束見通せず

  14. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭が“縮小版”プログラムを発表

  15. ブレゲンツ音楽祭 〓 新制作の《アルジェのイタリア女》の上演を断念、上演陣のコロナ陽性反応受け

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。