グラフェネック発 〓 音楽祭開幕コンサートの指揮台に佐渡裕、幕開けは細川俊夫の新作ファンファーレ、ヴェルディのレクイエムは急きょ“合唱なし”

2021/08/15
【最終更新日】2022/12/15

オーストリアのグラフェネック音楽祭(Grafenegg Festival)が8月13日に開幕した。音楽祭のレジデンス・オーケストラのウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団によるオープニング・コンサートの指揮台には音楽監督の佐渡裕が立ち、細川俊夫の新作《グラフェネックへのファンファーレ》の世界初演で幕を開けた。

細川は今年、音楽祭の「コンポーザー・イン・レジデンス」。音楽祭期間中にヴェロニカ・エーベルレをソリストに起用したヴァイオリン協奏曲《生成》のオーストリア初演が行われる他、クラングフォールム・ヴィーンによる《The Raven=大鴉=おおがらす》の上演が行われる。

コンサートの後半は、クラッシミラ・ストヤノヴァ、クレモンティーヌ・マルゲーヌ、ピョートル・ベチャワ、ルネ・パーペという豪華なソリスト陣が顔を揃えたヴェルディのレクイエム。しかし、こちらはウィーン楽友協会合唱団のメンバーに新型コロナウイルスの陽性反応が出て急きょ降板、合唱なしでの公演となった。

写真:Grafenegg Festival / Piotr Beczala


関連記事

  1. リガ発 〓 リガ・ユールマラ音楽祭が中止を発表。ロシアのウクライナ武力侵攻、ゲルギエフ絡みで

  2. ウィーン発 〓 作曲家のオルガ・ノイヴィルトにオーストリア政府が科学・芸術名誉十字章

  3. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク復活祭音楽祭が過去の公演をストリーミング配信

  4. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラがこの夏の「ミュンヘン・オペラ・フェスティバル」の概要を発表

  5. バイロイト音楽祭 〓 来年の《さまよえるオランダ人》にオクサーナ・リーニフを起用、女性指揮者は音楽祭初

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場管のコンサートマスターにイスラエルの若手ヤメン・サーディ

  7. シュヴェチンゲン発 〓 SWRシュヴェツィンゲン音楽祭が開催を断念

  8. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場など、オーストリアの劇場閉鎖は3月末までに延長

  9. ウィーン発 〓 ベルヴェデーレ宮殿に新しい夏のオペラ・フェスティバル、芸術監督に服部譲二

  10. 訃報 〓 フリードリヒ・チェルハ(96)オーストリアの作曲家

  11. ラヴェンナ発 〓 ラヴェンナ芸術祭が2024年の公演ラインナップを発表

  12. ザルツブルク音楽祭 〓 2021年版の公式トレーラーをUP

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場も3月いっぱい閉鎖

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場のストリーミング配信が新しいラインナップ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。