訃報 〓 モンセラート・カバリェ(85)スペインのソプラノ歌手

2018/10/07
【最終更新日】2023/02/17

スペインが生んだ世界的なソプラノ歌手、モンセラート・カバリェ(Montserrat Caballé)6日、故郷バルセロナの病院で亡くなった。85歳だった。死因は明らかにされていないが、9月から胆のうの病気で入院していた。優れたベルカント歌唱技術と美声で活躍、20世紀最高のソプラノ歌手の一人。

1933年、バルセロナの生まれ。リセウ音楽院で学んだ後、ミラノで研鑽を積み、1956年にスイスのバーゼル歌劇場のメンバーとなり、1957年の《ボエーム》のミミ役でプロのオペラ歌手としてデビューした。

1965年にニューヨーク市のカーネギー・ホールで行われた演奏会形式で行われた《ルクレツィア・ボルジア》の公演でマリリン・ホーンの代役を務め、25分も拍手が続くというセンセーショナルな大成功を収め、一夜にしてスター歌手の仲間入りを果たした。

その年、《ファウスト》のマルグリットを歌ってメトロポリタン歌劇場にもデビュー。その後は著名なオペラハウスに次々にデビューを果たし、瞬く間にスター歌手の座を駆け上った。

50年以上にわたるキャリアの中で世界各地で行った公演は4000回以上と言われ、後輩の面倒見も良く、同じバルセロナ出身のホセ・カレーラスがなかなか芽が出ないため、自分に出演依頼が来ると、バーターで彼を出演させ、経験を積ませたことはよく知られる。

一線から退いた後も、ドイツのテレビ番組などで活躍。1988年には、英国のロックバンド「クイーン」のボーカルだった故フレディ・マーキュリーとのデュエット・アルバムを発表。その中の一曲「バルセロナ」は1992年のバルセロナ・オリンピックのテーマ曲として使われた。開会式には、三大テノールに成長したホセ・カレーラス、プラシド・ドミンゴと一緒に出演している。

2015年に脱税で有罪判決(6ヵ月の執行猶予付)を受け、久しぶりにマスコミを騒がせた。

写真:Pedro Sánchez@sanchezcastejon







関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 ラトルが《薔薇の騎士》で1日だけ代役を依頼

  2. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ベルリン発 〓 指揮者界の最長老ブロムシュテットが転倒、入院

  4. ミュンヘン発 〓 青木尚佳がミュンヘン・フィル初の女性コンサートマスターとしてデビュー

  5. 訃報 〓 ネルソン・フレイレ(77)ブラジルのピアニスト

  6. ナント発 〓 大聖堂火災でボランティアの男、放火認める

  7. サンフランシスコ発 〓 サロネンがサンフランシスコ響の音楽監督を退任、契約が切れる2023/2024シーズンをもって

  8. ウィーン発 〓 バレンボイムが体調崩してウィーン・フィルのコンサートをキャンセル、指揮の代役はコンサート・マスターのフォルクハルト・シュトイデ

  9. ハンブルク発 〓 指揮者のケント・ナガノがドイツの「共和国功労勲章大功労十字章」を受章

  10. ロンドン発 〓 オペラ・フェスティバル「ガーシントン・オペラ」が2021年上演の《薔薇の騎士》をストリーミング配信

  11. サンターガタ発 〓 イタリア政府が競売危機のヴェルディの旧居を取得、オペラ界は総力あげてチャリティー・キャンペーン

  12. シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団が夏のヨーロッパ・ツアーを中止

  13. ニューヨーク発 〓 米国唯一のオペラ月刊誌「オペラ・ニュース」が87年の歴史に幕

  14. 東京発 〓 東京交響楽団が2023年度のライブ・ストリーミングのラインナップを発表

  15. ジュネーブ発 〓 国際音楽コンクール世界連盟がチャイコフスキー国際コンクールを追放

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。