カーディフ発 〓 BBCウェールズ・ナショナル管の次期首席指揮者にライアン・バンクロフト

2019/09/12
【最終更新日】2019/10/17

BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団(BBC National Orchestra of Wales)が次期首席指揮者に米国のライアン・バンクロフト(Ryan Bancroft)を迎えることになった。2012年から首席指揮者を務めてきたトーマス・ソンダーガード(Thomas Søndergård)の後任。2020年9月から活動をスタートさせる。

バンクロフトはロサンゼルス生まれの29歳。カリフォルニア芸術大学でトランペットを学んだ後、スコットランド王立音楽院で指揮を学んでいる。2018年、コペンハーゲンで開かれたニコライ・マルコ国際青年指揮者コンクール(Malko International Conductors Competition)で優勝した俊英。

BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団は英国放送協会(BBC)傘下のオーケストラの一つ。本拠地はウェールズの首都カーディフ。日本では1974-1993年に使われていた旧称のBBCウェールズ交響楽団(BBC Welsh Symphony Orchestra)の名で知られる。1987–1995年に首席指揮者を務めていた尾高忠明は退任後ずっと桂冠指揮者で、契約をさらに3年延長したばかり。

写真:BBC National Orchestra of Wales

関連記事

  1. グラインドボーン音楽祭 〓 音楽祭の開幕延期を決定

  2. ロンドン発 〓 ターフェルが足首を骨折、当面の出演をキャンセル

  3. 訃報 〓 ジョーゼフ・ホロヴィッツ(95)英国の作曲家

  4. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

  5. ロンドン発 〓 英国王立音楽院の弦楽器部門の責任者にコントラバスのグラハム・ミッチェル、ハープ部門はカトリン・フィンチ

  6. ロサンゼルス発 〓 ドミンゴがロサンゼルス・オペラの総監督を辞任

  7. ニューヨーク発 〓 ラトルが《薔薇の騎士》で1日だけ代役を依頼

  8. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  9. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  10. グラナダ発 〓 パブロ・エラス=カサドが国際音楽舞踏祭の芸術監督を辞任

  11. ロンドン発 〓 英国政府が文化予算に大なた、イングリッシュ・ナショナル・オペラは年度予算の配分が打ち切られ、活動継続の危機に

  12. ロンドン発 〓 ユロフスキ指揮の《ニーベルングの指環》通し上演を断念、ロンドン・フィル

  13. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  14. ライプチヒ発 〓 中部ドイツ放送響の首席指揮者にデニス・ラッセル・デイヴィス

  15. タリン発 〓 エストニア国立響の次期音楽監督にオラリー・エルツ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。