シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団の楽団員がストライキに突入

2019/03/11

シカゴ交響楽団(Chicago Symphony Orchestra)の楽団員が月曜日11日朝からストライキに突入した。11ヵ月にわたる新しい労働協約締結交渉が合意に至らず、それまでの労働協約が10日で切れたため。楽団員は毎日、午前8時からオーケストラ・ホールのドア前にピケ・ラインを張るという。ストが行われるのは2012年以来。新しい労働協約を締結する交渉をめぐっては、音楽監督を務めるリッカルド・ムーティが経営側に善処を求める公開書簡を送るという事態に発展していた。

争点の中心は、給与のアップ額と年金システムの変更をめぐって。経営側は、年金をめぐっては、音楽家の年金を確定給付制度から直接拠出型制度に移行すると提案。給与については、年間基本給を3シーズンかけて5%アップさせて167,094ドル(約1,858万円)にすると表明していた。また、医療保障をめぐっては、負担額のアップなしに現行の補償を維持するとしている。これに対し組合側は、年金制度の変更自体に反対。給与のアップ額についても、「同等レベルの楽団よりも低く、差が開くばかり」と強く反発、合意に至らなかった。

写真:写真:Chicago Tribune / Antonio Perez


関連記事

  1. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  2. ボルドー発 〓 ミンコフスキがボルドー国立歌劇場との契約を延長

  3. ガーシントン・オペラ 〓 2019年夏のラインナップを発表

  4. ボローニャ発 〓 ボローニャ歌劇場が2019年の上演ラインナップを発表

  5. ドレスデン発 〓 ヤノフスキがドレスデン・フィルの首席指揮者へ、2度目の登板

  6. バレンシア発 〓 ビオンディがソフィア王妃芸術宮殿の芸術監督を辞任

  7. ザルツブルク発 〓 ゲルギエフが《シモン・ボッカネグラ》を指揮して現場復帰

  8. テルアビブ発 〓 メータがイスラエル・フィルと“さよならコンサート”

  9. 訃報 〓 アンドレ・プレヴィン, 米国の指揮者・作曲家・ピアニスト

  10. ミュンヘン発 〓 グルベローヴァがバイエルン州立歌劇場に別れ

  11. ハンブルク発 〓 ドイツ・グラモフォンが史上初めて女性指揮者と専属契約

  12. 大津発 〓 開館20周年記念公演をあす土曜日にも追加開催、台風直撃でびわ湖ホール

  13. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団がセクハラ疑惑を報じられた首席指揮者のダニエル・ガッティを解任

  14. バイロイト音楽祭 〓 新作《ローエングリン》をライブ・ストリーミングで配信

  15. ハレ発 〓 州立劇場の音楽総監督にアリアーヌ・マティアク

    • 中島庸之助

    かつての名門 Fritz Reiner率いる名門楽団がそんなことになってついぞ来日公演を
    終えたばかりなのに残念至極ですね。なんとかニューヨークso の二の前にならないよう
    丸く収まって欲しいものです。かつての名門の指揮者が泣いてしまうではありませんか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。