シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団の楽団員がストライキに突入

2019/03/11

シカゴ交響楽団(Chicago Symphony Orchestra)の楽団員が月曜日11日朝からストライキに突入した。11ヵ月にわたる新しい労働協約締結交渉が合意に至らず、それまでの労働協約が10日で切れたため。楽団員は毎日、午前8時からオーケストラ・ホールのドア前にピケ・ラインを張るという。ストが行われるのは2012年以来。新しい労働協約を締結する交渉をめぐっては、音楽監督を務めるリッカルド・ムーティが経営側に善処を求める公開書簡を送るという事態に発展していた。

争点の中心は、給与のアップ額と年金システムの変更をめぐって。経営側は、年金をめぐっては、音楽家の年金を確定給付制度から直接拠出型制度に移行すると提案。給与については、年間基本給を3シーズンかけて5%アップさせて167,094ドル(約1,858万円)にすると表明していた。また、医療保障をめぐっては、負担額のアップなしに現行の補償を維持するとしている。これに対し組合側は、年金制度の変更自体に反対。給与のアップ額についても、「同等レベルの楽団よりも低く、差が開くばかり」と強く反発、合意に至らなかった。

写真:写真:Chicago Tribune / Antonio Perez


関連記事

  1. ベルリン発 〓 アルテミス・カルテットの新メンバー決定

  2. パリ発 〓 イル・ド・フランス国立管弦楽団が楽譜代わりにiPad

  3. アントワープ発 〓 香港出身のエリム・チャンがアントワープ交響楽団の音楽監督に

  4. バイロイト音楽祭 〓 ロベルト・アラーニャの代役にピョートル・ベチャワ

  5. シカゴ発 〓 サンフランシスコ響の楽団員、シカゴ響の楽団員のストを支援

  6. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの首席ホルン奏者デヴィッド・クーパーが退団

  7. ケルン発 〓 ギュルツェニヒ管弦楽団が音楽監督フランソワ=グザヴィエ・ロトとの契約を延長

  8. テルアビブ発 〓 ワーグナーの音楽を放送したラジオ局が謝罪

  9. ベルリン発 〓 メータ、ベルリン・フィルの名誉会員に

  10. ロンドン発 〓 ラトル&ロンドン交響楽団が若い音楽家のための無料アカデミーを創設

  11. シャイアン発 〓 ソプラノのチェシンスキがグライダーで墜落死

  12. モントルー・ヴヴェイ9月音楽祭 〓 アルゲリッチがデュトワに助け船

  13. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ響の新しいコンサート・マスターにマリーナ・グローマン

  14. ロンドン発 〓 トーマス・アレンがオペラから引退

  15. ブリュッセ発 〓 モネ劇場が2019/2020シーズンの上演ラインナップを発表

    • 中島庸之助

    かつての名門 Fritz Reiner率いる名門楽団がそんなことになってついぞ来日公演を
    終えたばかりなのに残念至極ですね。なんとかニューヨークso の二の前にならないよう
    丸く収まって欲しいものです。かつての名門の指揮者が泣いてしまうではありませんか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。