ウィーン発 〓 アルゲリッチがコンツェルトハウスの名誉会員に

2019/02/19

ウィーンのコンツェルトハウス(Wiener Konzerthaus)が14日、ピアニストのマルタ・アルゲリッチ(Martha Argerich)を新しい名誉会員になったと発表した。アルゲリッチは1941年、アルゼンチンのブエノスアイレスの生まれ。1955年、外交官に任命された父親、大使館職員に任命された母親と一家でウィーンに移住してフリードリヒ・グルダに師事。1957年に「ブゾーニ国際ピアノコンクール」で優勝。1965年には「ショパン国際ピアノコンクール」で優勝して一躍注目を集めた。

コンツェルトハウスで初めて演奏したのは、1959年6月6日。この時はシュトゥットガルト室内管弦楽団との共演。昨シーズンはこれまで共演を長年拒み続けてきたウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と初共演が実現、そのステージが19回目の、コンツェルトハウス登場だったという。コンツェルトハウス1913年の竣工で、当時の建築様式ユーゲント・シュティール (Jugendstil)の代表的な建物の一つ。杮落としのため、リヒャルト・シュトラウスが「祝典前奏曲」を書いて初演した。

写真:Ilse Buhs

    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ダラス発 〓 ダラス交響楽団が首席客演指揮者にジェンマ・ニュー

  2. グラインドボーン音楽祭 〓 総監督のセバスチャン・シュワルツが辞任

  3. モスクワ発 〓 チャイコフスキー国際コンクールの「金管楽器部門」の審査員発表

  4. バレンシア発 〓 ビオンディがソフィア王妃芸術宮殿の芸術監督を辞任

  5. ベルリン発 〓 演出家のバリー・コスキーが契約延長せず

  6. パリ発 〓 フランス放送フィルのコンサートマスターに韓国出身のパク・ジユン

  7. 訃報 〓 レイヴン・ウィルキンソン、米国のバレリーナ

  8. PMF 〓 ゲルギエフ指揮で2020年にオペラを上演

  9. ハンブルク発 〓 ドイツ・グラモフォンが史上初めて女性指揮者と専属契約

  10. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  11. ビーゴ発 〓 2019年の第3回コンクールは“アルゲリッチ・エディション”

  12. ヘルシンキ発 〓 フィンランド放送響がマーラーの交響曲全曲演奏をストリーミング配信

  13. バルセロナ発 〓 カタリーナ・ワーグナーがリセウ劇場《ローエングリン》を演出

  14. ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールのバイオリン部門はステラ・チェンが優勝

  15. 東京発 〓 リッカルド・ムーティが第30回「高松宮殿下記念世界文化賞」を受賞

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。