ニューヨーク発 〓 テノールのカマレナがMETのアンコール記録を更新

2019/02/09

メトロポリタン歌劇場(Metropolitan Opera)が7日夜、ハヴィエル・カマレナ(Javier Camarena)が劇場のアンコール記録を更新したと速報した。7日はドニゼッティ《連隊の娘》の初日で、トニオ役のカマレナはアリア“僕にとって何という幸運=Pour mon âme”を歌って盛大な拍手を浴び、それに応えてアリアを再度歌った。過去75年で最も長いアンコールになったという。カマレナは1976年、メキシコのハラパ生まれ。超高音を豊かに響かせ、ファン・ディエゴ・フローレス、ローレンス・ブラウンリーと合わせ、新世代の「三大テノール」との呼び声が高い。

写真:Metropolitan Opera





関連記事

  1. アムステルダム発 〓 ミヒャエル・ザンデルリングが代役でロイヤル・コンセルトヘボウ管にデビュー

  2. アムステルダム 〓 オランダ放送フィルの次期首席指揮者にカネラキス

  3. シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団が2019/2020シーズンのラインナップを発表

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場管のヴィオラ・セクションのトップにポーランド出身のポプラウスキー

  5. エカテリンブルク発 〓 新ホールはザハ・ハディッド事務所のデザインを採用

  6. シカゴ発 〓 シカゴ響がムーティとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。