東京発 〓 大野和士が東京都交響楽団との契約を延長

2018/12/13

東京都交響楽団(Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra)が音楽監督の大野和士との契約を延長した。任期は2023年3月まで伸びる。大野は1984年3月、プロ・デビューで東京都交響楽団と初共演。その後、1990年から92年にかけて指揮者陣に加わり、2015年4月から任期5年で第5代の音楽監督を務めている。2015年には楽団の創立50周年を記念したヨーロッパ・ツアーを成功させるなど、縁が深い。

東京都交響楽団は1965年の創設。前年に行われた東京オリンピックの記念文化事業として、東京都によって財団法人として創設された。初代指揮者ハインツ・ホフマン(Heinz Hofmann)で、本拠地は上野の東京文化会館。現在の指揮者陣は、首席客演指揮者にアラン・ギルバート、終身名誉指揮者に小泉和裕、桂冠指揮者にエリアフ・インバルという構成。

写真:Tokyo Metropolitan Symphony Orchestr / Rikimaru Hotta


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. グラインドボーン音楽祭 〓 来年からのツアー指揮者にベン・グラスバーグを起用

  2. マンチェスター発 〓 英国にハレ管弦楽団による新しい指挥者コンクール

  3. アムステルダム発 〓 ボストン響がコンサートに遅刻、曲目も変更

  4. グラインドボーン音楽祭 〓 コンクール「オペラ・カップ」終了、優勝はサマンサ・ハンキー

  5. 東京発 〓 日本フィルの首席客演指揮者にシンガポール出身のカーチュン・ウォン

  6. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  7. モスクワ発 〓 チャイコフスキー国際コンクールの「金管楽器部門」の審査員発表

  8. 東京発 〓 NHK交響楽団が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  9. モスクワ発 〓 中国愛楽楽団が初のロシア・ツアー

  10. ウィーン発 〓 ウィーン交響楽団が次期首席指揮者にオロスコ=エストラーダ

  11. デトロイト発 〓 スラトキンがバイパス手術で4月、5月の公演をキャンセル

  12. リガ発 〓 「オペラ・ヴィジョン」がラトビア国立歌劇場の《さまよえるオランダ人》を配信

  13. オランジュ音楽祭 〓 《セビリアの理髪師》を8月2日未明にストリーミング配信

  14. 東京発 〓 東京フィルが次シーズンの定期演奏会ラインナップを発表

  15. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 ペーター・ルジツカの後任の次期芸術監督にニコラウス・バッハラー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。