訃報 〓 斎藤雅広(62)日本のピアニスト

2021/08/17
【最終更新日】2023/02/06

ピアニストの斎藤雅広(Masahiro Saito)が8月8日に亡くなった。62歳だった。死因は不明。葬儀は近親者で営まれたという。誰もが認める技巧に支えられた自由闊達で雄弁な表現で高い評価を受ける一方、軽妙なトーク、アクションを交えたステージや数々のテレビ、ラジオ出演など、クラシック音楽界では貴重なエンターテイナーとして活躍した。

東京・渋谷区の生まれで、父親は藤原歌劇団のバリトン歌手の斎藤達雄。東京芸術大学付属高校、大学、大学院で学び、その間、18歳の時に日本音楽コンクールで優勝、翌年にNHK交響楽団との共演でデビューした。また、ハリーナ・チェルニー=ステファンスカに才能を認められ、その招きでポーランド・クラコフに留学。帰国後はソリストとして、NHK交響楽団をはじめとする国内の主要オーケストラと共演を重ねた。

また、ヴァイオリンの巨匠ヨゼフ・スークに室内楽の名手として認められ、ペーター・シュミードルやヴォルフガング・シュルツ、エルンスト・オッテンザマーといったウィーン・フィルハーモニー管弦楽団やベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、パリ管弦楽団のメンバーらとも共演を重ねた。1990年にはヤナーチェク弦楽四重奏団と大阪いずみホールのオープニングを飾った。

その一方で、「斎藤雅広と仲間たち」と題したファミリーコンサートを行ってクラシック音楽の普及に情熱を注いだ。「名曲アルバム」や「ニューイヤー・オペラコンサート」、「趣味悠々」など数多くのテレビ番組に出演を重ね、中でも、NHK教育テレの「トゥトゥアンサンブル」では「キーボーズ」として人気を博した。お茶の間に音楽を届けようとする姿勢を貫いた。

また、録音も多く、ソロから室内楽など41タイトルをリリース。2012年はデビュー35年をするアルバム「79年のリサイタル」が音楽各紙に絶賛された。また、作曲・編曲も手がけて多数の楽譜も出版されている。日本音楽コンクールなど、さまざまなコンクールの審査委員も務め、各地でマスター・クラスを開くなど、亡くなるまで多方面で多彩な活動を続けていた。

写真:ASPEN


関連記事

  1. トーレ・デル・ラーゴ発 〓 プッチーニ・フェスティバル開催決定

  2. トロント発 〓 カナダ国立バレエ団が元バレリーナのマリア・セレツカヤを常任指揮者に

  3. ビリニュス発 〓 ヴァイオリンのヤッシャ・ハイフェッツ・コンクールで、スペインのハビエル・コメサーニャが優勝

  4. モスクワ発 〓 ロシアが第17回「チャイコフスキー国際コンクール」の開催を宣言

  5. バイロイト発 〓 ソプラノのクリスティーン・ゴーキーがバイロイト音楽祭デビューを辞退

  6. 東京発 〓 紀尾井ホール室内管弦楽団の次期首席指揮者にトレヴァー・ピノック

  7. 宮崎国際音楽祭 〓 2021年は7月末から開催

  8. 東京発 〓 都響が2024年度楽季の公演ラインナップを発表

  9. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールとウィーン・フィルが指揮者交代で同意、ロシアのウクライナ進攻でゲルギエフ降板

  10. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、次期音楽監督めぐり注目集める客演指揮者たち

  11. ソウル発 〓 オスモ・ヴァンスカがソウル市立響の首席指揮者を退任

  12. ウィーン発 〓 2023年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表、なんと15曲中14曲が初出、少女合唱団の初共演も話題

  13. 訃報 〓 ヴァンダ・ヴィウコミルスカ(89)ポーランドのヴァイオリニスト

  14. 東京発 〓 2020年東京五輪・パラリンピックの公式文化プログラム、ドミンゴの代役決まる

  15. ブレーメン発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にシュテファン・クリンゲレ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。