オスロ発 〓 オスロ・フィルが次期首席指揮者に弱冠22歳のクラウス・マケラ

2018/10/04

オスロ・フィルハーモニー管弦楽団が次期首席指揮者に弱冠22歳のクラウス・マケラ(Klaus Mäkelä)を迎えることになった。2020/2021シーズンから。マケラはシベリウス音楽院でヨルマ・パヌラに指揮法、マルコ・ヨロネンにチェロを学んで指揮者に転身した。今シーズン2018/19シーズンからスウェーデン放送交響楽団の首席客演指揮者、タピオラ・シンフォニエッタのアーティスト・イン・アソシエーションに就任したばかり。日本では2016年に東京ニューシティ管弦楽団、2018年に東京都交響楽団にも客演している。

写真:klausmakela.com / Jaakko Paarvala


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. プラハ発 〓 プラハ国民劇場が次期芸術監督にノルウェー国立オペラの前芸術監督を招聘

  2. 訃報 〓 永田穂、コンサート・ホールの音響設計の世界的パイオニア

  3. ストックホルム発 〓 2018年の「ビルギット・ニルソン賞」はシュテンメに

  4. アムステルダム発 〓 ボストン響がコンサートに遅刻、曲目も変更

  5. ヘルシンキ発 〓 フィンランド放送響の次期首席指揮者に英国のニコラス・コロン

  6. パリ発 〓 サウジアラビアの国立オペラ創設をフランスが支援

  7. インスブルック発 〓 チロル交響楽団の首席指揮者に英国の若手指揮者ケレム・ハサン

  8. ボルチモア発 〓 メリーランド州がボルチモア交響楽団を支援

  9. トロント発 〓 トロント交響楽団の音楽監督にグスターボ・ヒメノ

  10. パリ発 〓 「ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール」のヴァイオリン部門は、ウクライナのディアナ・ティシュチェンコが優勝

  11. ブレゲンツ音楽祭 〓 公演DVD発売:2017 – 2018年の《カルメン》

  12. ウィーン発 〓 ソプラノのカミラ・ニールンドに「宮廷歌手」の称号

  13. エーテボリ発 〓 エーテボリ歌劇場がコンヴィチュニーを解雇

  14. オタワ発 〓 ワリス・ジウンタが「ジョン・フリーダ」のCMに

  15. エディンバラ発 〓 ユーロヴィジョン若手音楽家コンクール2018でイワン・ベッソノフが優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。