オスロ発 〓 オスロ・フィルが次期首席指揮者に弱冠22歳のクラウス・マケラ

2018/10/04
【最終更新日】2020/06/19

オスロ・フィルハーモニー管弦楽団が次期首席指揮者に弱冠22歳のクラウス・マケラ(Klaus Mäkelä)を迎えることになった。2020/2021シーズンから。

マケラはシベリウス音楽院でヨルマ・パヌラに指揮法、マルコ・ヨロネンにチェロを学んで指揮者に転身した。今シーズン2018/19シーズンからスウェーデン放送交響楽団の首席客演指揮者、タピオラ・シンフォニエッタのアーティスト・イン・アソシエーションに就任したばかり。

日本では2016年に東京ニューシティ管弦楽団、2018年に東京都交響楽団にも客演している。

写真:klausmakela.com / Jaakko Paarvala


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ベルゲン発 〓 エドワード・ガードナーがベルゲン・フィルとの契約を延長

  2. オスロ発 〓 ノルウェー室内管の次期芸術監督にヴァイオリニストのペッカ・クーシスト

  3. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルが6月の中国、韓国ツアーをキャンセル

  4. オスロ発 〓 ノルウェー放送管の次期首席指揮者にペトル・ポペルカ

  5. オスロ発 〓 ソニア王妃国際音楽コンクールが閉幕

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。