ミラノ発 〓 マニュエル・ルグリがスカラ座バレエ団の芸術監督に

2020/02/19

2010年からウィーン国立歌劇場バレエ団の芸術監督を務めてきたマニュエル・ルグリ(Manuel Legris)がミラノ・スカラ座バレエ団の芸術監督に就任することになった。本人がSNSで明らかにした。2002年から芸術監督を務めてきたフレデリック・オリビエリ(Frédéric Olivieri)の後任。

スカラ座は今年2020年、首脳陣が総入れ替えになる。ウィーン国立歌劇場の総裁を勇退するドミニク・マイヤー(Dominique Meyer)をアレキサンダー・ペレイラ(Alexander Pereira)の後任に迎えることが決まっており、ルグリもそれに追随する格好。

ルグリは1964年、パリの生まれ。11歳だった1976年にオペラ団付属のバレエ学校に入学。1986年のニューヨーク公演後、当時の芸術監督ルドルフ・ヌレエフに指名され、第一舞踊手(プルミエ・ダンスール)を経ずにエトワールに任命された。エトワールを23年務めた後、現在のポストに就任している。

写真:Vienna State Ballet / Michael Pöhn

関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 ネトレプコ、トゥーランドット姫に挑戦

  2. 訃報 〓 マディ・メスプレ, フランスのソプラノ歌手

  3. ロサンゼルス発 〓 ガーセッティ市長がイベントの年内解禁に疑問符

  4. 訃報 〓 ロランド・パネライ, イタリアのバリトン歌手

  5. モスクワ発 〓 ロシアも連邦機関、博物館、劇場を閉鎖

  6. ケルン発 〓 クリスティアン・マチェラルがWDR交響との契約を延長

  7. パリ発 〓 ヨナス・カウフマンとリュドヴィク・テジエの二人が芸術存続のための政府の行動求める署名運動をスタート

  8. ベルリン発 〓 ドイツの音楽家6人が音楽家への支援を訴える書簡を文化大臣に、新型コロナウイルス禍で

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場が8日に再開場

  10. ローマ発 〓 ボチェッリが新型コロナウイルス感染を明らかに

  11. ロンドン発 〓 ジョシュア・ベルがアカデミー室内管との契約を延長

  12. 訃報 〓 ラインベルト・デ・レーウ, オランダの指揮者・ピアニスト・作曲家

  13. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  14. 香港発 〓 指揮者のズヴェーデンが香港フィルとの契約を延長

  15. サンタフェ発 〓 サンタフェ・オペラが開催中止を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。