ミラノ発 〓 マニュエル・ルグリがスカラ座バレエ団の芸術監督に

2020/02/19

2010年からウィーン国立歌劇場バレエ団の芸術監督を務めてきたマニュエル・ルグリ(Manuel Legris)がミラノ・スカラ座バレエ団の芸術監督に就任することになった。本人がSNSで明らかにした。2002年から芸術監督を務めてきたフレデリック・オリビエリ(Frédéric Olivieri)の後任。

スカラ座は今年2020年、首脳陣が総入れ替えになる。ウィーン国立歌劇場の総裁を勇退するドミニク・マイヤー(Dominique Meyer)をアレキサンダー・ペレイラ(Alexander Pereira)の後任に迎えることが決まっており、ルグリもそれに追随する格好。

ルグリは1964年、パリの生まれ。11歳だった1976年にオペラ団付属のバレエ学校に入学。1986年のニューヨーク公演後、当時の芸術監督ルドルフ・ヌレエフに指名され、第一舞踊手(プルミエ・ダンスール)を経ずにエトワールに任命された。エトワールを23年務めた後、現在のポストに就任している。

写真:Vienna State Ballet / Michael Pöhn

関連記事

  1. パンプローナ発 〓 パンプローナに新しい音楽祭が誕生

  2. ストックホルム発 〓 アンナ・ネトレプコに「ポーラー音楽賞」

  3. ローマ発 〓 ムーティがコンテ首相に劇場再開を求める公開書簡

  4. ラヴェッロ発 〓 バルトリが「モナコ公の音楽家たち」とのツアーをスタート

  5. バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

  6. ハンブルク発 〓 ドホナーニにハンブルク市から「ブラームス・メダル」

  7. ペルミ発 〓 クルレンツィス&ムジカ・エテルナのベートーヴェン交響曲第1弾が登場

  8. フィレンツェ発 〓 新型コロナウイルスの感染拡大めぐり、チョン・ミョンフンも降板

  9. パリ発 〓 終わらない国立オペラのストライキ、新制作の《マノン》の上演も断念

  10. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルも中止、8月開催で中止は初

  11. クリスチャンサン発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがクリスチャンサン響との契約を延長

  12. バーミンガム発 〓 ジュリアン・ロイド・ウェッバーが王立バーミンガム音楽院の学長を退任

  13. ロサンゼルス発 〓 第92回「アカデミー賞」の作曲賞に『ジョーカー』のヒドゥル・グドナドッティル

  14. ボストン発 〓 ボストン響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  15. シンガポール発 〓 シンガポール響がインターネットで支援の訴え

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。