レイキャビック発 〓 アイスランド響の首席指揮者兼芸術監督にソプラノ歌手、指揮者として活躍するバーバラ・ハンニガン

2024/05/15

アイスランド交響楽団(Sinfóníuhljómsveit Íslands)がソプラノ歌手、指揮者として活躍するバーバラ・ハンニガン(Barbara Hannigan)を次期首席指揮者兼芸術監督に迎えると発表した。2021年にオーケストラ史上初の女性首席指揮者に就任し、2023/2024シーズンをもって退任すると発表したエヴァ・オッリカイネンの後任で、任期は2026年から3シーズン。

ハンニガンはカナダ・ウェイバリー生まれの53歳。トロント大学卒業後、米国のラヴィニア音楽祭やオランダのハーグ王立音楽院で研鑽を積んだ。現代作品の第一人者で、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団などの著名なオーケストラと共演を重ね、90近い新作の世界初演に加わっている。

指揮者としての活動は2000年代後半から本格化。オランダを拠点とするアンサンブル、ルートヴィヒ管弦楽団を指揮、歌唱を担当したファースト・アルバム「Crazy Girl Crazy」が2018年に米国のグラミー賞を受賞している。また、2018/2019シーズンから、スウェーデンのエーテボリ交響楽団の首席客演指揮者を務めている。

アイスランド交響楽団を初めて指揮したのは2022年春で、レイキャヴィーク芸術祭でアイヴス、シェーンベルク、ベルク、ガーシュウィンなどのプログラムを指揮。2023年にはハイドンの交響曲第96番、マーラーの交響曲第4番などを指揮、マーラーでは自ら独唱も受け持った。その後、この4月にも、プーランク、シュトラウスのプログラムで共演している。

写真:LUDWIG


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 ヴァイオリンのコリーヌ・シャペユがクラウド・ファウンディングによる支援を呼びかけ、自身のがん治療で

  2. ヴィースバーデン発 〓 ヘッセン州立劇場の音楽総監督に英国の指揮者レオ・マクフォール

  3. コブレンツ発 〓 ライン州立フィルの首席指揮者にベンジャミン・シュウォーツ

  4. ロサンゼルス発 〓 グラミー賞授賞式は3月に、アカデミー賞に続いて延期

  5. サンフランシスコ発 〓 マイケル・ティルソン・トーマスの名前を付けた「MTTウェイ」誕生

  6. 訃報 〓 ネッド・ローレム(99)米国の作曲家

  7. シカゴ発 〓 リリック・オペラが音楽監督のエンリケ・マッツォーラとの契約を延長

  8. マドリード発 〓 カウフマンとラドヴァノフスキーがともにアリアを再度熱唱、同一舞台で二人はテアトロ・レアル初

  9. ロンドン発 〓 ガーディナー率いるモンテヴェルディ合唱団ら3団体の新しい本拠地は聖マーティン・イン・ザ・フィールズ教会

  10. ロンドン発 〓 アントニオ・パッパーノ、ロンドン交響楽団の首席指揮者へ

  11. 東京発 〓 東響が「ニコ動」で「第九」公演をライブ配信、ステージには過去最多のカメラ40台

  12. 訃報 〓 ウィリー・バーマン(80)米国のダンス教師

  13. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルがネット上で「マーラー・デジタル・フェスティバル」

  14. リエージュ発 〓 ワロン王立オペラが次期音楽監督にジャンパオロ・ビサンティ

  15. ロンドン発 〓 英国が興業チケットの付加価値税を20%から5%に引き下げ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。