ロンドン発 〓 ティルソン・トーマスがマーラーの交響曲第3番で、終楽章の演奏前に舞台を降りようとするハプニング

2024/05/16

指揮者のマイケル・ティルソン・トーマス(Michael Tilson Thomas)が13日、マーラーの交響曲第3番を取り上げた演奏会で、6楽章構成の5楽章の演奏を終えて舞台を降りようとするハプニングが起きた。79歳のティルソン・トーマスは悪性の脳腫瘍と闘病しながら指揮活動を続けており、周囲に促されて再び指揮を再開、指揮を終えると聴衆から大歓声を浴びたという。

指揮していたのはロンドン交響楽団がバービカン・センターで行った演奏会。ティルソン・トーマスは1987年から1995年にかけてオーケストラの首席指揮者を務めており、現在は桂冠指揮者。このところマーラー・チクルスを展開中で、10月には80歳の誕生日記念コンサートで交響曲第2番《復活》を指揮することになっている。

現地の報道をまとめると、ティルソン・トーマスは5楽章の演奏が終わるとスコアを閉じ、客席に向かって親しげに何事かを語りかけて演奏を終えようとしたという。周囲の全員が一瞬なにが起きたのか解らなかったというが、異変に気付いたソリストのアリス・クートやオーケストラのメンバーら周囲が声をかけると、再び指揮を始めたという。

第3番は第4楽章にアルト独唱、第5楽章にアルト独唱と児童合唱、女声合唱が入り、休憩なしで演奏される約100分の大曲。マーラーの交響曲の中で最長、かつては「世界最長の交響曲」とされており、闘病中のティルソン・トーマスの体力を誰もが心配する中でのハプニングだったが、それだけに演奏が終わった後のスタンディング・オベーションは熱狂的だったという。

写真:Barbican / Mark Allan


関連記事

  1. ハダースフィールド現代音楽祭 〓 11月の音楽祭の中止を決定

  2. 訃報 〓 周文中(96)アメリカの作曲家・教育者

  3. ロンドン発 〓 夏の音楽祭「BBCプロムス」が2022年の公演ラインナップを発表

  4. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルは開催

  5. 東京発 〓 NHK交響楽団が次期首席指揮者にファビオ・ルイージ

  6. ローザンヌ発 〓 ローザンヌ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ザンクト・ペルテン発 〓 トーンキュンストラー管の次期首席指揮者にファビアン・ガベル、佐渡裕の後任

  8. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが2020/2021シーズンのキャンセルを発表

  9. ストックホルム発 〓 2022年の「ポーラー音楽賞」にフランスの室内オーケストラ、アンサンブル・アンテルコンタンポラン

  10. フィラデルフィア発 〓 指揮者のネゼ=セガンがバイデン大統領、ハリス副大統領に公開書簡

  11. ボストン発 〓 ボストン響も2020/2021シーズンのキャンセルを発表

  12. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が13日、ドイツの歌劇場のトップを切って再開場

  13. カンザスシティ発 〓 カンザスシティ響が史上初のヨーロッパ・ツアー

  14. ブリュセル発 〓 ベルギー国立管のコンサートマスターに赤間美沙子

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場が8日に再開場

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。