ロンドン発 〓 ロイヤル・フィルが音楽監督のヴァシリー・ペトレンコとの契約を延長

2024/04/26

ロンドンを拠点とする英国のロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(Royal Philharmonic Orchestra)が音楽監督を務めるヴァシリー・ペトレンコ( Vasily Petrenko)との契約を延長した。ペトレンコは2021年からその任にあり、今回の契約更改で任期は2030年まで延びる。

ペトレンコはロシア・サンクト・ペテルブルク生まれの47歳。サンクト・ペテルスブルグ音楽院で学び、イリヤ・ムーシン、マリス・ヤンソンス、ユーリ・テミルカーノフの下で研鑽を積み、1994年から1997年までムソルグスキー記念歌劇場の指揮者を務めた。

2009年、弱冠29歳で英国のロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任。次々にリリースされたショスタコーヴィチ、ラフマニノフ、エルガー交響曲全集が高い評価を受け、2021年に退任した後は桂冠指揮者となっている。また、2013年から2020年までオスロ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者も務めた。

ロイヤル・フィルにデビューしたのは2016年で、マーラーの交響曲第2番《復活》を指揮。さらに1年後にヴェルディのレクイエムを指揮、それらが音楽監督就任に繋がった。既にヨーロッパ、アメリカ、アジアへの海外ツアーを行っている。

写真:Ben Wright


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ダラス発 〓 ダラス響が音楽監督のファビオ・ルイージとの契約を延長

  2. 大津発 〓 びわ湖ホールが来年度の公演ラインナップを発表

  3. ミラノ発 〓 スカラ座の合唱団メンバーから陽性反応、新型コロナウイルス

  4. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが新制作の《フィガロの結婚》をライブ・ストリーミング

  5. ロンドン発 〓 ユロフスキ指揮の《ニーベルングの指環》通し上演を断念、ロンドン・フィル

  6. 札幌発 〓 指揮者のマティアス・バーメルトが札響との契約を延長

  7. ブダペスト発 〓 イヴァン・フィッシャーが室内コンサートの動画を毎晩投稿と表明

  8. カトヴィツェ発 〓 第2回「カロル・シマノフスキ国際音楽コンクール」がロシア音楽の演奏を禁止、発表に波紋広がる

  9. ミラノ発 〓 スカラ座が再開場

  10. ハンブルク発 〓 新しい「アルゲリッチ音楽祭」でデュトワはドイツに復帰

  11. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラの次期音楽監督にポーランドの指揮者マルタ・ガルドリンスカ

  12. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  13. アムステルダム発 〓 エド・デ・ワールトに改めて「副指揮者」の称号

  14. レイキャビク発 〓 ワーグナー《ワルキューレ》のアイスランド初演がお流れに

  15. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。