ウィーン発 〓 オーストリア政府がロックダウンを24日まで延長

2021/01/05

オーストリア政府が新コロナウイルスの感染拡大を受けて行っていた3度目のロックダウン(都市封鎖)の延長を決めた。当初の予定では1月17日までとしていたが、24日まで延長される。

この決定を受け、ウィーン国立歌劇場は18日の再開場を見送った。国立歌劇場は18日にギレルモ・ガルシア・カルヴォの指揮によるバレエ《リーズの結婚》で再開場する予定だった。

写真:


関連記事

  1. ソウル発 〓 ヤープ・ファン・ズヴェーデンがソウル市立響の音楽監督に

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  3. ブリュッセル発 〓 大野和士がブリュッセル・フィルの次期音楽監督に

  4. 訃報 〓 ヘルムート・ヴィンシャーマン, ドイツの指揮者・オーボエ奏者

  5. ヘルシンキ発 〓 フィンランド国立オペラ・バレエが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ベルリン発 〓 バレンボイムまた休養、当面の公演をキャンセル

  7. ロンドン発 〓 英国王立音楽院の弦楽器部門の責任者にコントラバスのグラハム・ミッチェル、ハープ部門はカトリン・フィンチ

  8. 訃報 〓 オシアン・グウィン・エリス, 英国のハーピスト

  9. マドリッド発 〓 フランシスコ・アライサがソフィア王妃高等音楽院の声楽研究部門のトップに

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2022年の「オーパンバル」開催を憂慮、新型コロナウイルスの感染再拡大受けて

  11. ケルン発 〓 指揮者のフランソワ=グザヴィエ・ロトがケルン市との契約を延長

  12. ミュンヘン発 〓 イーゴリ・ゼレンスキーがバイエルン州立バレエ団の監督を突然辞任

  13. ベルリン発 〓 ドイツが過去最大規模の21億ユーロで文化支出を支援

  14. ポートランド発 〓 オレゴン響も楽団員と指揮者全員をレイオフ

  15. ロンドン発 〓 名門「デッカ」がクラウス・マケラと契約、指揮者との契約は約40年ぶり

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。