訃報 〓 ドイツのホルン奏者(89)ヘルマン・バウマン

2024/01/02
【最終更新日】2024/01/03

戦後を代表するホルン奏者の一人、ドイツのヘルマン・バウマン(Hermann Baumann)が12月29日に亡くなった。オーケストラ奏者としてキャリアをスタートさせたが、1967年からはソロ活動に専念して世界を舞台に活躍。その滑らかで超人的なテクニックと柔らかな音色で多くの人を魅了した。

1934年、ハンブルク近郊の生まれ。父親が医者という家庭に育ち、幼い頃からピアノやチェロ、合唱指揮を学び、20歳の頃にふと手にしたホルンに興味を持ち、ハンブルク音楽大学に進んでフリッツ・フートに師事、2年で卒業した。

卒業と同時にドルトムント市立劇場管弦楽団に入団。1961年からはシュトゥットガルト放送交響楽団の首席奏者を務めた。在職中の1964年、ミュンヘン国際音楽コンクール(Internationaler Musikwettbewerb der ARD)で優勝した。

1967年にソロ活動をスタートさせてからはレパートリーの広さ、テクニックの完璧さで知られ、モダン・ホルンと同時にナチュラル・ホルンの名手としても知られた。

録音にも数多く参加、1973年にニコラウス・アーノンクールとナチュラル・ホルンによるモーツァルトのホルン協奏曲集、サイモン・ラトルとのモーツァルト、リヒャルト・シュトラウスのアルバムといった名録音を残している。1983年にはリゲティのホルン、ヴァイオリンとピアノのためのトリオを世界初演した。

1993年に脳溢血で倒れて演奏活動を一時休止したが、体調は回復。また、演奏活動の合間を縫い、30年の長きにわたり、エッセンのフォルクヴァング芸術大学で後進の指導にも当たっていた。

写真:Philips Classics





関連記事

  1. ベルリン発 〓 ムターがフェイスブック上で新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかに

  2. ニュルンベルク発 〓 ニュルンベルク響の次期首席指揮者にジョナサン・ダーリントン

  3. 訃報 〓 シュテファン・ショルテス(73)ハンガリー出身の指揮者

  4. 訃報 〓 ペーター・シュライアー(84)ドイツのテノール歌手

  5. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭が25歳までの若者向けに特別枠、チケットが2枚まで1枚90ユーロ

  6. ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレも中止を発表

  7. フランクフルト発 〓 第9回「ショルティ国際指揮者コンクール」で、中国系ニュージーランド人の吕天贻が優勝

  8. フランクフルト発 〓 hr響の次期首席指揮者にアラン・アルティノグリュ

  9. ニュルンベルク発 〓 州立劇場の次期音楽総監督にローランド・ベーア、ヨアナ・マルヴィッツの後任

  10. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラ、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  11. ミュンヘン発 〓 テノール歌手のダニエル・プロハスカにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  12. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが創立450年

  13. シュトゥットガルト発 〓 州立バレエが音楽監督を解任

  14. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスで第3回「オーパス・クラシック」の授賞式

  15. ボン発 〓 ベートーヴェン・フェスティバルが2021年のスケジュールを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。