訃報 〓 ロランド・パネライ, イタリアのバリトン歌手

2019/10/24

バリトン歌手ロランド・パネライ(Rolando Panerai)が10月23日, 95歳で亡くなった。戦後のオペラの黄金期に活躍した歌手の一人で、柔らかく温かみのある声で音楽ファンを魅了した。マリア・カラス、ジュゼッペ・ディ・ステファノら時代を代表する歌手たちと共演を重ね、数多くの録音に参加している。20世紀を代表するスター指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンに重用されたことでも知られる。フォードやリゴレット、フィガロやジェルモン、アモナズロなどを得意とし、150を超える役を歌っている。

フィレンツェに近いカンピ・ビゼンツィオ(Campi Bisenzio)の生まれ。フィレンツェとミラノで声楽を学んで1947年にナポリのサン・カルロ劇場で初舞台を踏んだ。1951年に《蝶々夫人》のシャープレス役を歌ってミラノ・スカラ座にデビュー。1954年にはメノッティの《アメリア舞踏会へ行く》の初演に参加、1957年にはザルツブルク音楽祭にデビューしている。

その後、世界各地の歌劇場で活躍。米国でもサンフランシスコ・オペラに出演しているが、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場には出演していない。引退後も機会があれば舞台に立ち、2011年にはジェノヴァのカルロ・フェリーチェ劇場の《ジャンニ・スキッキ》に出演して健在を示した。これまでの功績を讃えられ、2015年に「マリア・カラス」賞、昨年11月には「トゥリオ・セラフィン」賞を受賞している。

写真:Teatro Carlo Felice

関連記事

  1. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  2. パリ発 〓 エマニュエル・クリヴィヌが音楽監督を辞任

  3. ワルシャワ発 〓 ショパン国際ピアノ・コンクール、予選を再度延期

  4. マドリッド発 〓 ドミンゴ、セクハラを謝罪

  5. 上海発 〓 アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクールは来年に延期

  6. ノールショピング発 〓 ノールショピング交響楽団の首席指揮者兼芸術顧問にカール・ハインツ・シュテフェンス

  7. パリ発 〓 ヨナス・カウフマンとリュドヴィク・テジエの二人が芸術存続のための政府の行動求める署名運動をスタート

  8. 東京発 〓 新日本フィルが2020/2021シーズンのラインナップを発表

  9. ウィーン発 〓 ウィーン響の第一コンサート・マスターにダリボル・カルヴァイ

  10. シンシナティ発 〓 吉田文がツェムリンスキー賞を受賞

  11. ニューヨーク発 〓 モーストリー・モーツァルト・フェスティバルも開催中止

  12. チェルトナム発 〓 今年のフェスティバルの開催中止を発表

  13. ローマ発 〓 劇場の閉鎖など、イタリア全土で4月3日まで継続

  14. ウィーン発 〓 指揮者のマルコ・アルミリアートが国立歌劇場の名誉会員に

  15. ロンドン発 〓 指揮者のドナルド・ラニクルズに「サー」の称号

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。