訃報 〓 ロランド・パネライ, イタリアのバリトン歌手

2019/10/24

バリトン歌手ロランド・パネライ(Rolando Panerai)が10月23日, 95歳で亡くなった。戦後のオペラの黄金期に活躍した歌手の一人で、柔らかく温かみのある声で音楽ファンを魅了した。マリア・カラス、ジュゼッペ・ディ・ステファノら時代を代表する歌手たちと共演を重ね、数多くの録音に参加している。20世紀を代表するスター指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンに重用されたことでも知られる。フォードやリゴレット、フィガロやジェルモン、アモナズロなどを得意とし、150を超える役を歌っている。

フィレンツェに近いカンピ・ビゼンツィオ(Campi Bisenzio)の生まれ。フィレンツェとミラノで声楽を学んで1947年にナポリのサン・カルロ劇場で初舞台を踏んだ。1951年に《蝶々夫人》のシャープレス役を歌ってミラノ・スカラ座にデビュー。1954年にはメノッティの《アメリア舞踏会へ行く》の初演に参加、1957年にはザルツブルク音楽祭にデビューしている。

その後、世界各地の歌劇場で活躍。米国でもサンフランシスコ・オペラに出演しているが、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場には出演していない。引退後も機会があれば舞台に立ち、2011年にはジェノヴァのカルロ・フェリーチェ劇場の《ジャンニ・スキッキ》に出演して健在を示した。これまでの功績を讃えられ、2015年に「マリア・カラス」賞、昨年11月には「トゥリオ・セラフィン」賞を受賞している。

写真:Teatro Carlo Felice

関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 浮かび上がってきたメトロポリタン歌劇場の次期シーズン

  2. パリ発 〓 ゼネスト、パリ国立オペラを直撃

  3. 訃報 〓 カミラ・ウィックス, 米国のヴァイオリン奏者

  4. パリ発 〓 マクロン大統領が3回目となる全国的なロックダウンを宣言

  5. 東京発 〓 新国立劇場がオペラの芸術監督の大野和士との契約を延長

  6. ウィーン発 〓 2021年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はムーティ

  7. クリーヴランド発 〓 クリーヴランド管が3月から6月にかけての公演をキャンセル

  8. サンフランシスコ発 〓 カリフォルニア州で再度のロックダウン、サンフランシスコ・オペラはドライブインシアター 「トスカ」を延期

  9. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが11月の米国ツアー中止を発表

  10. マドリード発 〓 カウフマンとラドヴァノフスキーがともにアリアを再度熱唱、同一舞台で二人はテアトロ・レアル初

  11. 訃報 〓 セルゲイ・スロニムスキー, ロシアの作曲家

  12. オスロ発 〓 ノルウェー放送管の次期首席指揮者にペトル・ポペルカ

  13. ウィーン発 〓 今年は夏の夜のコンサートの無料開放なし、ウィーン・フィル

  14. ロンドン発 〓 感染力強い新型コロナウイルスの変異種の感染拡大

  15. ローマ発 〓 ガッティが「共和国記念日」を祝うコンサートを指揮

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。