訃報 〓 ガブリエル・フムラ, ポーランドの指揮者

2020/11/19

ポーランドの指揮者ガブリエル・フムラ(Gabriel Chmura)が17日に急逝した。74歳だった。原因は明らかにされていない。10月2日にはコンサートを指揮していた。若き日にブザンソン、カラヤン、カンテルリといった国際指揮者コンクールで次々に優勝、ポーランドを代表する指揮者の一人だった。

ヴロツワフの生まれで、1957年に一家でイスラエルに移住。1964年から1968年にかけてテルアビブの音楽院で指揮、ピアノ、作曲を学んだ後、パリでピエール・デルヴォー、ウィーンでハンス・スワロフスキー、シエナでフランコ・フェラーラに師事した。

その後、1970年のフランス・ブザンソンの国際指揮者コンクールで優勝して注目を集め、1971年にはベルリンのカラヤン国際指揮者コンクールで優勝、ミラノ・スカラ座が主催するグイード・カンテルリ国際指揮者コンクールでも金賞を獲得して話題をさらった。

1974年、ミュンヘンのバイエルン州立歌劇場でヴェルディ《オテロ》を指揮して本格的なデビューを飾り、その年、アーヘン歌劇場の音楽総監督に就任。1983年からはボーフム・フィルハーモニーの音楽監督に活動の場を転じた。その後、ヨーロッパ各地の歌劇場、オーケストラに客演を続けた。

1987年、カナダの首都オタワにあるナショナル・アーツ・センター管弦楽団の音楽監督に就任(-1990)。2001年から2007年にポーランド南部カトヴィツェのポーランド国立放送交響楽団の音楽監督を務めた後、2012年からはポーランド西部ポズナンの歌劇場の芸術監督を務めていた。

写真:Teatr Wielki im. Stanisława Moniuszki w Poznaniu


関連記事

  1. マドリッド発 〓 ドミンゴがSNSで新型コロナウイルス感染を明らかに

  2. 訃報 〓 オシアン・グウィン・エリス, 英国のハーピスト

  3. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇場がモーツァルト《皇帝ティートの慈悲》の新作をライブ・ストリーミング

  4. ロンドン発 〓 新型コロナウイルス感染のアンネ=ゾフィー・ムターがネット上でカルテット演奏

  5. ベルリン発 〓 ベンゲロフがストリーミング・サービスを開始

  6. ベルリン発 〓 クシシュトフ・ポロネクが正式にベルリン・フィルのコンサートマスターに

  7. ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ミラノ発 〓 マニュエル・ルグリがスカラ座バレエ団の芸術監督に

  9. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が公演継続のメッセージ

  10. サンタフェ発 〓 サンタフェ・オペラが開催中止を発表

  11. パリ発 〓 フランスの夏の音楽祭も相次いで中止を発表

  12. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  13. ブリスベン発 〓 オペラ・オーストラリアがこの冬の《ニーベルングの指環》の新製作を断念

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2月第4週のストリーミング配信のラインナップを発表

  15. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。