シアトル発 〓 トーマス・ダウスゴーがシアトル響の音楽監督を突然辞任

2022/01/12

シアトル交響楽団が音楽監督のトーマス・ダウスゴー(Thomas Dausgaard)の突然の辞任を発表した。2022/23年シーズンをもって任期満了を迎える予定だったが、突然の辞任をオーケストラ側にメールで伝えてきたという。英語圏でも辞任をメールで伝えるのは珍しく、なんとも激しい辞任劇。

ダウスゴーは1963年、デンマークの首都コペンハーゲン生まれの58歳。コペンハーゲンの王立音楽院、ロンドンの王立音楽大学に学び、1997年にスウェーデン室内管弦楽団の首席指揮者に就任。2004年からはデンマーク放送のDR放送交響楽団の首席指揮者を務めている。

シアトル交響楽団を初めて指揮したのは2010年。2014年に首席客演指揮者に就任、2019年から音楽監督を務めていた。公式の理由は「パンデミック」とされるが、ニューヨーク・タイムズ紙に「オーケストラが恐怖に支配された」と語っているところをみると本音は別のところにあるのかも。

写真:Seattle Symphony Orchestra


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 ピアニストの内田光子に「ウィグモア・ホール・メダル」

  2. ボストン発 〓 フェニックス管弦楽団の次期音楽監督にジョシュア・ワイラースタイン

  3. ブリスベン発 〓 オペラ・オーストラリアがこの冬の《ニーベルングの指環》の新製作を断念

  4. パリ発 〓 エマニュエル・クリヴィヌが音楽監督を辞任

  5. 訃報 〓 ジャンヌ・ラモン, カナダのヴァイオリニスト / ターフェルムジーク・バロック管弦楽団の前音楽監督

  6. モンペリエ発 〓 モンペリエ国立オペラが《ウエルテル》をストリーミング配信

  7. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルは開催

  8. カルガリー発 〓 ホーネンス国際ピアノ・コンクールが1年延期を発表

  9. ロンドン発 〓 ターフェルが足首を骨折、当面の出演をキャンセル

  10. ロサンゼルス発 〓 2021年の「ゴールデングローブ賞」のノミネート作出揃う

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場が8日に再開場

  12. ロンドン発 〓 英国がイングランド全域で厳しいロックダウンを再導入

  13. ロンドン発 〓 ガーディナー率いるモンテヴェルディ合唱団ら3団体の新しい本拠地は聖マーティン・イン・ザ・フィールズ教会

  14. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが公演再開、内田光子も登場

  15. コッレッジョ発 〓 レオ・ヌッチが引退を“宣言”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。