ベルリン発 〓 州立歌劇場も無料のストリーミングを開始、4月19日まで

2020/03/18

ベルリン州立歌劇場(Staatsoper unter den Linden)が3月16日からストリーミング配信を開始した。

新型コロナウイルスの感染拡大で劇場が閉鎖されたことを受けて。無料で24時間いつでも視聴できる。

配信は劇場の閉鎖が決まっている4月19日まで行われ、作品は基本的に毎日入れ替わる。

オペラの演目は以下の通り。


 ……… 3月

17:マスネ《マノン》
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:マルティン・クシェイ
出演:アンナ・ネトレプコ / ローランド・ビリャソン / アルフレッド・ダザ / クリストフ・フィシェッサー / レミー・コラッツァ

18:ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:ドミトリー・チャルニャコフ
出演:アンドレアス・シャーガー / アニャ・カンペ / シュテファン・ミリング / ボアズ・ダニエル / エカテリーナ・グバノヴァ

19:ビゼー《カルメン》
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:マルティン・クシェイ
出演:アニタ・ラチヴェリシュヴィリ / マイケル・ファビアーノ / ルーチョ・ガッロ / クリスティアーネ・カルク

20:ケルビーニ《メデア》
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:アンドレア・ブレス
出演:ソーニャ・ヨンチェヴァ / チャールズ・カストロノーヴォ / イアン・パターソン / エルザ・ドライジグ

21:リヒャルト・シュトラウス《薔薇の騎士》
指揮:ズービン・メータ
演出:アンドレ・ヘラー
出演:カミッラ・ニールンド / ミシェル・ロジエ / ギュンター・グロイスベック / ナディーン・シエラ / ローマン・トレーケル

25:ヴェルディ《ファルスタッフ》
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:アンドレア・ブレス
出演:ミヒャエル・ヴォッレ / バルバラ・フリットリ / アルフレッド・ダザ / ナディーン・シエラ / フランチェスコ・デムーロ

26:ラモー《イポリートとアリシー》
指揮:サイモン・ラトル
演出:アレッタ・コリンズ
出演:ダニエル・プロハスカ / レイナウト・ファン・メヘレン / マグダレーナ・コジェナー / エルザ・ドライジグ / ギュラ・オレント

27:ビゼー《カルメン》
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:マルティン・クシェイ
出演:アニタ・ラチヴェリシュヴィリ / マイケル・ファビアーノ / ルーチョ・ガッロ / クリスティアーネ・カルク

28:ヴェルディ《マクベス》
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:ハリー・クプファー
出演:プラシド・ドミンゴ / アンナ・ネトレプコ / ユン・クヮンチュル / ファビオ・サルトーリ

29:マスネ《マノン》
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:マルティン・クシェイ
出演:アンナ・ネトレプコ / ローランド・ビリャソン / アルフレッド・ダザ / クリストフ・フィシェッサー / レミー・コラッツァ

30:リムスキー=コルサコフ《皇帝の花嫁》
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:ドミトリー・チャルニャコフ
出演:アナトリー・コチェルガ / オルガ・ペレチャッコ / ヨハネス・マルティン・クレンツレ / アニタ・ラチヴェリシュヴィリ

 ……… 4月

1:ヴェルディ《イル・トロヴァトーレ》
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:フィリップ・シュテルツル
出演:プラシド・ドミンゴ / アンナ・ネトレプコ / ガストン・リベロ / マリナ・プルデンスカヤ

3:モーツァルト《フィガロの結婚》
指揮:グスターボ・ドゥダメル
演出:ユルゲン・フリム
出演:イルデブランド・ダルカンジェロ / ドロテア・レッシュマン / ダニエル・プロハスカ / ラウリ・ヴァサー / マリアンヌ・クレバッサ

5:ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:ドミトリー・チャルニャコフ
出演:アンドレアス・シャーガー / アニャ・カンペ / シュテファン・ミリング / ボアズ・ダニエル / エカテリーナ・グバノヴァ

6:ワーグナー《タンホイザー》
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:サシャ・ヴァルツ
出演:ペーター・ザイフェルト / アン・ ペーターゼン / マリナ・プルデンスカヤ / ペーテル・マッテイ / ルネ・パーペ

8:ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:ドミトリー・チャルニャコフドミトリー・チェルニャコフ
出演:アンドレアス・シャーガー / アニャ・カンペ / シュテファン・ミリング / ボアズ・ダニエル / エカテリーナ・グバノヴァ

10:ワーグナー《パルジファル》
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:ドミトリー・チャルニャコフ
出演:アンドレアス・シャーガー / アニャ・カンペ / ヴォルフガング・コッホ / ルネ・パーペ / トマス・トマソン

13:ワーグナー《パルジファル》
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:ドミトリー・チャルニャコフ
出演:アンドレアス・シャーガー / アニャ・カンペ / ヴォルフガング・コッホ / ルネ・パーペ / トマス・トマソン

14:ベアート・フラー《紫の雪》
指揮:マティアス・ピンチャー
演出:クラウス・グート
出演:エルザ・ドライジグ / ダニエル・プロハスカ / マルティナ・ゲデック / ギュラ・オレント / ミヒャエル・ナジ / オットー・カッツァマイアー

15:プロコフィエフ《修道院での婚約》
指揮:ダニエル・バレンボイム
演出:ドミトリー・チャルニャコフ
出演:アイーダ・ガリフッリーナ / ヴィオレッタ・ウルマーナ / アンナ・ゴリャチョーワ / シュテファン・リュガマー / ラウリ・ヴァサー

16:リヒャルト・シュトラウス《薔薇の騎士》
指揮:ズービン・メータ
演出:アンドレ・ヘラー
出演:カミッラ・ニールンド / ミシェル・ロジエ / ギュンター・グロイスベック / ナディーン・シエラ / ローマン・トレーケル

写真:Staatsoper Unter den Linden


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  2. ボストン発 〓 ネルソンズがボストン響、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管との契約を延長

  3. 訃報 〓 ロザリンド・エリアス, 米国のメゾ・ソプラノ歌手

  4. ピアチェンツァ発 〓 市立劇場が5月16日の再開場を発表、ドミンゴ、ムーティの出演続く

  5. 訃報 〓 ハリー・クプファー, ドイツの演出家

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場がストリーミング・サービスの年末ラインナップを発表

  7. シュヴェービッシュ・グミュント発 〓 ジョシュア・リフキンにヨーロッパ教会音楽賞

  8. ドレスデン発 〓 ザクセン州政府がティーレマンと契約延長せず、シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者は2024年まで

  9. ベルゲン発 〓 エドワード・ガードナーがベルゲン・フィルとの契約を延長

  10. プラハ発 〓 チェコ・フィルのコンサートマスターにヤン・フィッシャー、オルガ・シュロウブコバの後任

  11. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

  12. 東京発 〓 細川俊夫の《オーケストラのための『渦』》が第68回「尾高賞」に

  13. パリ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチにフランスの「芸術文化勲章シュヴァリエ」

  14. ニューヨーク発 〓 新たに11人の女性がドミンゴのセクハラを証言

  15. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラがオリジナル・レーベル起ち上げ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。