ミュンヘン発 〓 BR-KLASSIKが話題のドキュメンタリーを再掲載、ネトレプコ、ビリャソンの《椿姫》の舞台裏

2020/10/21

バイエルン放送(Bayerischer Rundfunk)が展開する「BR-KLASSIK」が話題のドキュメンタリー映像をホームページに復活させた。復活させたのは、2005年のザルツブルク音楽祭で上演されたヴェルディ《椿姫》のドキュメンタリー。

この時の公演はソプラノのアンナ・ネトレプコ、テノールのロランド・ビリャソンというスター歌手が共演したことで空前の話題を呼び、その成功がネトレプコをトップスターの座に押し上げ、ビリャソンが演出を手掛けるきっかけになったことで知られる。

演出はヴィリー・デッカーで、あれこれ振りを付けの指示を飛ばす姿が印象的。体当たりの演技で絡む二人はもちろん、世紀の公演に向けた関係者たちの想い、現場の熱気がヒシヒシと伝わってくる一作。

写真:Salzburger Festspiele / Klaus Lefebvre


    ドキュメンタリー映像へ ▷





関連記事

  1. ゲーラ発 〓 アンテンブルク・ゲーラ市立劇場の音楽総監督にルーベン・ガザリアン

  2. マリアーンスケー・ラーズニェ発 〓 “指揮者”ラデク・バボラークが西ボヘミア交響楽団の首席指揮者に

  3. クレモナ発 〓 ヴァイオリニストの横山令奈が地元の病院の屋上で世界に癒やしの調べ

  4. 高雄発 〓 台湾の衛武営国立芸術文化センターが《椿姫》を上演

  5. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア音楽院が東洋人の学生のレッスンを停止

  6. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  7. シカゴ発 〓 音楽監督の報酬、全米一位はシカゴ交響楽団のムーティ

  8. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ミュンヘン発 〓 ネトレプコ、トゥーランドット姫に挑戦

  10. ダラス発 〓 ダラス交響楽団が首席客演指揮者にジェンマ・ニュー

  11. 横浜発 〓 神奈川フィルが創立50周年

  12. ギュータースロー発 〓 若手歌手のための国際コンクール「新しい声」が終了

  13. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場が過去の公演をYouTubeで配信

  14. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  15. クリーブランド発 〓 クリーブランド管弦楽団がヨーロッパ・ツアーを中止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。