ミュンヘン発 〓 BR-KLASSIKが話題のドキュメンタリーを再掲載、ネトレプコ、ビリャソンの《椿姫》の舞台裏

2020/10/21

バイエルン放送(Bayerischer Rundfunk)が展開する「BR-KLASSIK」が話題のドキュメンタリー映像をホームページに復活させた。復活させたのは、2005年のザルツブルク音楽祭で上演されたヴェルディ《椿姫》のドキュメンタリー。

この時の公演はソプラノのアンナ・ネトレプコ、テノールのロランド・ビリャソンというスター歌手が共演したことで空前の話題を呼び、その成功がネトレプコをトップスターの座に押し上げ、ビリャソンが演出を手掛けるきっかけになったことで知られる。

演出はヴィリー・デッカーで、あれこれ振りを付けの指示を飛ばす姿が印象的。体当たりの演技で絡む二人はもちろん、世紀の公演に向けた関係者たちの想い、現場の熱気がヒシヒシと伝わってくる一作。

写真:Salzburger Festspiele / Klaus Lefebvre


    ドキュメンタリー映像へ ▷





関連記事

  1. ロンドン発 〓 新型コロナウイルス感染のアンネ=ゾフィー・ムターがネット上でカルテット演奏

  2. ボストン発 〓 ボストン響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2020年の新作披露は《ファルスタッフ》と《カストールとポリュックス》

  4. 訃報 〓 アレクサンドル・ヴスティン, ロシアの作曲家

  5. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  6. リューベック発 〓 シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭も開催を中止

  7. ウィーン発 〓 今年は夏の夜のコンサートの無料開放なし、ウィーン・フィル

  8. ロンドン発 〓 ジョシュア・ベルがアカデミー室内管との契約を延長

  9. ヴェローナ発 〓 ヴェローナ音楽祭も開催断念

  10. ヴェッセルビューレン発 〓 五嶋みどりに「ブラームス賞」

  11. 訃報 〓 ロザリンド・エリアス, 米国のメゾ・ソプラノ歌手

  12. ミュンヘン発 〓 ネトレプコ、トゥーランドット姫に挑戦

  13. ペルミ発 〓 クルレンツィス&ムジカ・エテルナのベートーヴェン交響曲第1弾が登場

  14. ボストン発 〓 ボストン響も2020/2021シーズンのキャンセルを発表

  15. ローマ発 〓 イタリア政府、非常事態宣言を4月末まで延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。